不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

血液検査の結果

今日は前回抜いた血液検査の結果を聞きにN医大に行ってきました。
出産後体質が変わることがあると聞いていたので期待していったのですが、結果変わらず。やはりP抗体と12因子に問題があり、また妊娠を望むならヘパリンとバイアスピリンの併用でいきましょう、ということになりました。しかし今回の診察の様子からも、私の今までの記録が倉庫から新しいカルテの中に移動してきた形跡がない…!ちょ、頼むよ!私に直接聞くんじゃなくて数値的な問題もあるし参考にしようよ、過去の記録!

しかも「ではそういうことで1年たっても妊娠しなかったらまた来てください」と言われて吃驚。

え…!?私の今までのバイアスピリンの服用の仕方は「妊娠しているかいないかわからなくてもとりあえず高温期になって1週間たったらバイアスピリンを服用して生理がきてしまったら服用をとめる」だったので、TK大には妊娠してなくても数ヶ月に一回は薬をもらいに通っていたのですが…?

それを慌てて説明すると先生が「あ、そうですね、では薬をだしておきましょう」と薬を出してくれました。よかった言って。しかも60日分もくれたよ!妊娠しなくても半年はもつ量。あんまり頻繁には病院に行けないのでありがたや、と思ったのですが、

なんと今回ヘパリン(保険適用外薬)購入していないのに、バイアスピリン(保険適用内薬)だけなのに、自費ってどういうこと…!?

保険適用外の薬を出してもらうときだけ、保険適用内の薬も適用外になるんじゃないの?と思いましたが、まあヘパリンに比べるとバイアスピリンはそんなに高額な薬ではないのでまあいいかと驚きをごくりと飲みほしました。

とにかく今月はたぶん高温期は過ぎてしまったと思われるので、来月から挑戦だ!
頑張るぞ!エイエイオー!
[PR]
# by okumakoda | 2009-03-10 23:52 | 不育症
(すみません、今日の記事は通っている病院に対するぼやきです。文句です。そして病院に対して抱く感想は個々それぞれ違うと思いますので、そこのところをご了承いただける方だけお読みください。本当にすみません。)


第二子にむけて検査を開始したオク。
前回の診察では保険適用内の血液検査だけ受けて、適用外の血液検査は後日採血だけしにきてください、と言われたので(たぶんN医大では保険適用外の血液検査も一緒にやってしまうと、保険適用内の検査も適用外として計算されて診察代を請求されるため、先生がきをつかってくださったのだと思われる)12日に行ってきたんですよ。

血を1本抜くだけなんですよ。

ええ、血を1本抜くだけなんですよ!!

なのに1時間半音沙汰なしってどういうことだー!!

前回入院したときからうすうす感じていましたが、N医大は勤務している先生とか看護婦さんは素晴しいのですが、病院としての体制がもごもごもご。

融通がきかなすぎる、無駄が多すぎる、一番問題なのが病院としてのシステムが古すぎる。
(ちなみに使ってる機械も古すぎる…これは女産科だけの問題かもしれないですけど。)
抜本的な改革を本気で願いたいです。

採血だって各科にやらせるんじゃなくてまとめて採血ルームを作ればそれだけでものすごい時間短縮になるのに…(いやTK大がそうなんですよ。採血&検尿提出ルームがあって、銀行式で各自機械に診察カードを通して番号を貰って呼ばれるのを待つんですけど、採血してくれる担当の人も多いし、機械で順番を処理しているから本当に早い。どんなにたくさん待っていたとしても、あっという間に終わっちゃう。これに慣れていたせいもあって本当に採血だけで1時間半待たされたのには驚いた…だって診察ないのに、診察受けるひとと同じくくりでまたされちゃうんですよ。さすがにそれはありえない…)

せっかく素晴しい先生がいらっしゃる病院で、たくさんの人が診察を希望してやってきてるのになあ…。もうちょっとでいいからなんとかならないものなのか…。
[PR]
# by okumakoda | 2009-02-14 23:17 | 不育症

第二子妊娠にむけて

ものすごく久しぶりの投稿になります、オクです。
2007年6月に出産した我が娘もすくすくと成長し、1月に卒乳することもできたので、そろそろ第二子のことを考えよう!と娘を出産したN医大に行ってきました。
出産後の1ヵ月検診以来なので最後の診察から1年以上が過ぎているため、初診扱い。というわけで予約は取れず、不育症専門のT教授が初診にでていらっしゃる金曜日に娘を母に預かってもらってN医大に行ってきました。
母に実家から我が家に来てもらってから出かけたので病院に着いたのは11時。診察してもらえたのが14時。相変わらずの混みようです。
内診と保険のきく血液検査だけ受けて、保険適用外の血液検査は別の日に採血だけしにきてください、と言われ、次の予約をとって診察終了。
先生は相変わらずのロマンスグレーでお顔を拝見しただけでほっとしましたが、やはり懐かしく思い出すのはTK大のS先生…S先生には本当に長いことお世話になったからな~。お元気かしら。ていうかS先生のことを思い出すだけでいまだに涙がでてきそうになるのは何故?(^^;

今回の費用は採血+紹介状のない初診ということで3150円かかって、だいたい1万円ぐらいでした。次回の採血は保険がきかないそうなので、お金多めに用意していかなくっちゃ。

ああしかし…T先生に「今カルテが倉庫にあるから前回の検査の結果内容がわからない」と言われたときには驚いた…。N医大は混みようも相変わらずだけどアナログさも相変わらず…大学病院なんだから電子カルテとかもぐもぐむぐっ。

次の予約は3月。検査の結果が前よりもよいといいなあ…。
[PR]
# by okumakoda | 2009-02-06 21:33 | 不育症
ものすごく久しぶりの投稿です。
我が娘も生まれて4ヶ月が過ぎ、
顔に湿疹ができたり、便がゆるかったり
頭をごつんとぶつけたりと
いろいろいろいろ×エンドレス
大変ですが、
基本的に楽しい毎日を過ごしています。

妊娠中は、
不安で仕方なくて
早く無事に生まれてくれないかなあと
そればっかり考えていましたが
娘がベットで寝ているときに
洗濯物をとりこんでいて、
たまたま綺麗な夕日をみたりすると
つい、おなかをみて「ほら、綺麗な夕日ね…」
といいかけて
ああ、そうだ、もう娘は生まれてきていて
おなかにはいないから、
話しかけてもしょうがないんだあ、と
少々さびしく思ったりもしています。

あと数日で、妊娠が判明してから1年がたとうとしています。
娘をみていると、
この子をこうして抱くことができるのは
杉先生や、鍼灸のホリケン先生や、
旦那、
このブログにきてくださって
励ましてくださった皆さん、
見守ってくれた両家の両親など、
たくさんの人たちのおかげ。
皆さんに、
そしておなかのなかで
一生懸命頑張ってくれて
この世に生まれてきてくれた娘に、
本当にありがとうという気持ちでいっぱいになります。

流産を繰り返し、
そして子供を授かりたくても
なかなか授かることができなかった2年間。

あきらめずに、
ここまで頑張ってきて
本当によかった。
私に色々なことを教えてくれた
天国の二人の赤ちゃんに、
そしてこの経験にも感謝です。

この世のすべてには意味がある。

そう思って
これからもひとつひとつの経験を
大切に受けとめながら
生きていきたいと思っています。
[PR]
# by okumakoda | 2007-10-15 00:18 | 不育症
ものすごく久々の投稿となりました。
オクです。
19日も早い出産となり、
しかも出産後恥骨と仙骨を痛めてしまって
なかなか社会復帰ならず。
せっかくお祝いのコメントも頂きましたのに、
お返事できずにすみませんでした。
(とくにまやさん、ゆこちんさん、
病院にいらしてくださったのに
ゆっくりお話もできず、
その後お礼も言えずにすみません!!
本当にとっても嬉しかったです。
この場からですみませんが、
取り急ぎ。
ありがとうございました!)

娘は無事に成長し、
生後50日を過ぎて
体重が4300をこえました。
出生時が2356だから、
もうじき2倍です。小さく生まれただけに、嬉しいなあ。
明日はのびのびになっていたお宮参りに行く予定です。

これからもPCチェックなど
難しそうですが
もう少しして体も本調子になったら
育児ブログもはじめたいな~と思ってます。
(しかしいつになることやら…)

ではでは、
コメント返しはまた後日させていただきます。
本当に皆さま、ありがとうございました(^0^)>
[PR]
# by okumakoda | 2007-07-28 17:54 | 3度目の妊娠

生まれました

4日朝破水し、5日10時25分、無事に2356グラムの女児を出産しました。突然だったのでとりあえず病院から携帯を通じてご報告まで。応援してくれた皆様、支えてくれた皆様、本当にありがとうございました!
[PR]
# by okumakoda | 2007-06-06 16:02 | 3度目の妊娠

最近のゆらさん。

最近、電車に乗るときにゆらさんに
はいってもらっているバッグをみせるだけで
大興奮するゆらさん。
どうやら、このバッグにはいれば
私たちとでかけられると学習したらしい。

そんなゆらさんを連れて
日曜は公園にいってきました。
あまりに嬉しそうな顔をしていたので
写真をとってみたら、
タイミングがずれて嬉しい顔から柔和な笑顔に。
d0014636_17421924.jpg

これはこれでかわいいのでよしとする。(←バカ)

そしてゆらさんと旦那とポピー畑と海。
結構遠方に行ったみたいなかんじの写真になったので、
気に入って携帯の待ちうけにしてます。
d0014636_17441981.jpg


ポピー、とっても綺麗♪
d0014636_17474064.jpg

綺麗な花と潮の香りで、
良い気分転換になりました。
[PR]
# by okumakoda | 2007-05-29 17:46 | ゆら(パピヨン)の成長記録

36週と1日目の診察。

昨日は36週と1日目の診察でした。
赤ちゃんはやはり小さめながらも
順調に成長。
なんと2000グラムをこえてくれました!
やったー!
S先生、目標達成しましたよ~!(伊勢原方面にむかって叫ぶ)
この調子なら、出産のころには
2500グラムごえも夢ではない気配。
うう、赤ちゃん、私の体、ありがとう!!

というわけで、来週から
一週間ごとの診察になります。
予約表にも「6月24日分娩予定」と
印字されるようになりました。
ああ、早く赤ちゃんに会いたーい!
でももうちょっと成長してほしいから
(そうしないと生まれても保育器にいれられて
はなされちゃう!)
予定日まではおなかのなかにいてね、
とわくわくする気持ちをおさえつけて
赤ちゃんにお願いしている
オクなのでした。
[PR]
# by okumakoda | 2007-05-29 17:37 | 3度目の妊娠
赤ちゃんが生まれたら当分いけない!ということで、
念願のラ・ベットラに行ってきました。
キャナリスト(最近では豊洲のマダムたちをこう呼ぶらしい)の
お友達が、妊婦の私を気遣って朝ならびに行ってくれ(感動!ありがとう!)
11時半からのランチを堪能。
ランチも美味しかったですが、
お友達との会話も楽しく
あっという間の3時間でした。

前菜の吉田牧場のチーズとトマトのサラダ。
友達によると、このチーズは落合シェフのために
わざわざ作られているものらしい。
ものすごくさっぱりしていて、甘いトマトとの相性抜群。
d0014636_17173489.jpg


パスタの小エビとホタテとイカのラグーソース。
お店の人曰く「海鮮版ミートソースみたいなものです」
白ワインと塩で味付けしてある。
海の出汁(?)がきいてて美味しい。
d0014636_17194347.jpg


メインの子羊の香草グリル。
まったく臭くない。
d0014636_1720533.jpg

ちなみに写真左上にうつっているのが
私が大好きなパン。
このパンを食べにいったといっても過言ではない(←いや、それはいいすぎ)

ここまでがCコース。
デザートは別料金で、ティラミスを頼みました。
d0014636_17323552.jpg


とっても美味しかったです。
赤ちゃんにこのランチの栄養と美味しい味が
伝わってるといいな♪
[PR]
# by okumakoda | 2007-05-29 17:33 | 日常のこと

パンとタイ料理。

ABCのパン、料理チケットの有効期限が
5月末、
そして出産が6月なので
5月にばたばたと最後の料理、パンのレッスンを
受けてきました。

これが5月のBメニュー、
タイ料理。
・ ガパオライス
・ ヤムウンセン(春雨サラダ)
・ レッドカレースープ
・ タイ風ココナッツ汁粉
です。
なかなか美味しかった。
けれど、家では材料の関係上、
おそらくやるとしてもがパオライスぐらいかな。
d0014636_1721558.jpg


マロンパン。
マロンの甘煮がごろごろはいった、
懐かしい味のパン。
d0014636_1741629.jpg


そして私がとっている、パン中級のラスト、
ピーナッツパン。
ピーナッツクリームがたっぷりはいっているうえに、
粉は250グラムもつかったし、
バターは50グラム、砂糖はおおさじ3はいもはいってます。
旦那は甘いパンが好きではないので、
これを全部自分ひとりで食べるのか!と
覚悟していましたが、
意外にも旦那が朝食にぺろりとたくさん食べてくれて
びっくり。
d0014636_1774686.jpg


これでとりあえずABCクッキングは終了。
次回くるときは、子供が大きくなったらだなあ。
うふふ。
子供にキッズ教室に通ってもらって!
そしてあのコック帽をかぶってもらって
写真を撮るんだ~!

…という、別の野望を燃えたぎらせている、オクなのでした。
[PR]
# by okumakoda | 2007-05-29 17:09 | 料理教室