不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー

<   2006年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

NHKで、星野道夫さんの特集をやっていたのを
たまたま見まして。

星野さんというのは写真家なのですが、
エッセーなどもお書きになっているらしく、
雄大なアラスカの写真とともに星野さんの文章が紹介されていました。

その中に、こんな1文がありました。
(うろ覚えなのでそのままではないのですが)

「懸命に冬を越したものは、
本当の春を味わうことができる。
それはどこか、幸福と不幸の関係と似ている気がする」

以前、犬のしつけを考える、というメルマガにも
犬との格闘した思い出を
メルマガの管理人さんがこうつづっていたのに
心を打たれました。

「これは、私たちが綺麗な花を咲かせるために
必要な時間だった」

どこかで誰かが、
焦ったり、涙をながしたり、
ため息をついている私に

そうじゃないよ、と
今は春を思い、
じっと『待つ』ための時間なんだよ、と
繰り返し繰り返し
辛抱強く教えてくれようとしてくれているみたいだと
思いました。


私は今まで、時間を戻せるのならば
流産する前に戻って
病院で検査をうけて、
流産しないですむようにしたいと、
時間を戻すことなんてできやしないのに
心の奥底でそればかりを願ってきたような気がします。

子供を授かったり、なんてことないように
出産している人をみて
うらやむことしかできなかった気がします。

その自分の全てをいきなり変えることは
難しいだろうけど、
少しずつなら変えていける気がするから、
自分の情けない部分、汚い部分とも
むきあって
この『冬』を精一杯、自分なりに一生懸命に
越していくことができたらと思いました。
[PR]
by okumakoda | 2006-07-29 15:57 | 不育症
偶然眼にした記事に、
「歯の噛みあわせが悪いと
血流が悪くなって肩凝りをひきおこしたり、
冷え性になったりする。
色々対策を講じているのに、
冷え性が治らない…という人は、
一度歯医者に診てもらったほうがいいかも」
というものがあり、

これだ!

と思いました。(←またか…(笑))
実は私、大学時代に起こした自爆事故(*注:医者命名)直後に
顎がひらきにくくなり、
おまけに物を食べるたびにコツコツ音がするんですヨ。
これって「顎関節症」の症状に合致するんです。

当時診察してくれた地元のお医者さんが
「こんなのほっといても問題なし!
わしも時々こうなる。大丈夫!」
というので「そうなのか」と素直にほっておいたら、
確かに顎がひらくようになったので
「本当だ」とそのまま放置プレイ(?)をすること○年…

まさかこの顎が、冷えを引き起こしていたなんて!(←すっかりその気になっている)

ネットで調べたところ、
比較的近くの歯医者さんで
よさそうなところがあったので
来週の水曜に診察に行ってこようと思ってます。

これで冷え性……治るといいな♪(←すっかりその気になっている)

ちなみに今朝のテレビの特集で、
間違いだらけの冷え性対策というのがやってました。

1.冷房対策には、襟のある服を着る
(ストッキングに靴下はNG)
2.足湯の後は、冷たいタオルで足をふく。
(乾いたタオル、暖かいタオルはNG)

だそうです。
足湯は今まで乾いたタオルで足をふいていたので、
今後は冷たいタオルでふくようにしたいと思いました。
日々勉強だな~。
[PR]
by okumakoda | 2006-07-27 11:51 | 不育症
排卵が~排卵が遅れてるのよ~♪
ラララ、でも今日先生に診てもらえてよかったネ~、
だって、今日排卵確認しなかったら、
ばっちりのタイミングを逃してたかもだもの~、
ツイテル!ラッキー!
頑張れ、私~♪

……と、自分を励ます歌を歌って
自分をなぐさめてみてます。
オクです。

今日はクリニックで排卵がきちんと起こったか
確認をする日でした。
たまごちゃんは23まで成長していましたが、
体温が微妙にしかあがっていないことから、
先生の判断は「まだ排卵していないかもしれない」
とのこと。
しかも前回プロファシー5000を私に打つように
診断した先生だったので、
今回もまた「打ちましょう」と言われてしまいました。
がぼーん。

でも、今回はきちんと薬について説明してくれて、
私も納得したので、まあいっか。
また30時間以内に排卵するみたいなので、
今日か明日にでもタイミングをもってくださいと
言われました。
昨日も夫婦生活をもったので、
タイミング的には明日がいいかな?

よーし、明日の晩御飯はまたうなぎに決定~!
でも旦那に「なんだ、この生々しいメニューは!」
とまた言われちゃうかも(笑)
[PR]
by okumakoda | 2006-07-26 15:48 | 不育症
生理をむかえて、パンツ着用中のゆららです。
d0014636_15295055.jpg

でも尻尾がじゃまでパンツはいてるのか
よくわかりませんね。

生理用パンツをはくと、
あんなに大好きだった散歩が
好きではなくなるようです。
足を「ふんっ」とふんばって、
「アタシ、絶対に動かないわヨ!行くならこの
パンツをなんとかしなさいヨ!」
とばかりにこちらをうらめしげに見上げてきます。

ちなみに彼女は最近、「何かを主張したいときには吠えればいいんだ~」
ということを学習しはじめたらしく、
なにかっちゃあワンワン吠えるようになってしまいました。
一番困るのは、明け方旦那が仕事が終わって帰ってきたときに
ワンワン吠えること。
私もぱっと目が覚めてしまうし、
なによりご近所迷惑なのです!(T-T)

というわけで、「何かを主張したいときには、黙ってお座りして
待っていればいいんだ」ということを
学習させるべくただいま鋭意努力中です。

「ああ、もう一体どうしたら!?」

と思い余ることも多いですが、
あんなに「もうこの子にお手を教えるのは無理かも」
と思っていたお手を
どうやら最近、うっすらと覚え始めてくれたような
気配を感じるので、吠えたい策もあきらめずに
根気よく頑張りたいと思います。

なんだか、
ゆららは私に「根気」と「結果を焦らない」
ということを教えるために我が家に
きてくれた、という気が
今ふとしまして。
妊娠出産に関しても
ゆららに教えてもらっているこの2文字を胸に
コツコツ少しずつ頑張りたいと思ったのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-07-26 15:41 | ゆら(パピヨン)の成長記録
数日前に、東京ガス料理教室で
沖縄料理を作ってきました。
旦那が沖縄好きなので、作ってあげたら
喜ぶかな~と思いまして。
ソーキソバ、ゴーヤのグリル2種、
厚揚げのチャンプルー、
黒糖サーターアンダギー
です。
d0014636_15282277.jpg

(これは先生が作った見本)
結構簡単で、美味しくできました。
でもやっぱりスペアリブは圧力鍋でがーっとやっちゃったほうが
美味しいし早いかなあ。
[PR]
by okumakoda | 2006-07-26 15:27 | 料理教室

生まれてから11111日目。

昨日は私が生まれてから11111日目だったそうです。
(↑登録しているメルマガみたいなところから
「おめでとうございま~す」みたいなメールが来て知りました)
そんな縁起の良い(?)日に
クリニックの先生から「タイミングをもってください」と言われていたので
一応夫婦生活をもってみました。

今回のタイミングは、ちょうど旦那の仕事の忙しい時期にかかっているので、
無理かなあと思っていたのですが
旦那にあらかじめ「クリニックの先生にこの日とこの日に
タイミングをもつように言われた」と申告したところ、
無理矢理帰宅してくれました。
そしてあきらかに疲労困憊なのに
「大丈夫大丈夫」と呪文のように繰り返しながら
ベットにぐったり横になる旦那。

やっぱり旦那も子供が欲しいんだ、とあらためて実感。

よ~し、私も頑張って冷え性改善、少しでも妊娠体質に近づくぞ!と
今日は会社を抜け出して気功教室にも行ってきました。
気功は太極拳よりも自分にあっている気がします。
教えてもらった気功を毎日自宅でやって、
少しずつでも気・血・水のめぐりをよくするぞ~!
[PR]
by okumakoda | 2006-07-24 18:33 | 不育症
最近、手が暖かい気がするんですよね~。
それは夏だから!(笑)
なのではなく、冷え性が治ってきたからだと
信じたい、オクです。

今のところ毎朝にんにく卵黄をのみ、
毎食後金時ショウガサプリを飲み、
朝晩漢方を飲み、
必ず1日一回は当帰と手羽先とクコの実と卵2個を
土鍋で煮込んだものを食べています。
50度前後に暖めたお湯、しかも
海洋深層水を飲んでます。

文章にすると、なんかすごい迫力というか、
気迫を感じるな!(笑)

ちなみに海洋深層水を飲んでいるのは
私が今むさぼり読んでいる大阪の不妊治療クリニックの、
森本先生の教えです。
海には人を癒す力があるそうなのです。
一日たぶん1りっとるぐらいは飲んでます。
もう5本ぐらいはあけたので、
きっと私の体の水分のほとんどは
海洋深層水になってる…ハズ!(笑)

先生によると、ルイボスティーもいいらしいです。
その文を読んでΣはっとして戸棚をあさったところ、
半年前に旦那のお母さんから頂いた大量のルイボスティーと
私に金時ショウガサプリを教えてくれた友達のところに
遊びにいったときにたまたま「飲まないから」とくれたルイボスティーの缶を発見!

運命を感じました(笑)

これから毎日せっせと飲みたいと思ってます♪

ちなみに昨日はKクリニックの診察日でした。
13日目なのですが、たまごちゃんは前回よりも
早く大きくなっていてくれて、15ミリでした。
おお!すごいじゃない!いいぞ、卵巣!頑張れ、卵巣!
先生によるとたぶん排卵は今週末、とのこと。
その前にもう一度診察を…ということでまた明日行くことになりました。

それから生理のときに行ったホルモン検査の結果を
聞いたところ、全て異常なし。
卵管造影はしていないのですが、
一年半前に行った卵管造影のコピーをみながら、
疑問に思っていたことを聞いたところ、
ちゃんと説明してくれたうえで「大丈夫です、正常ですよ」と言われて
ほっと一安心。

よーし、頑張って体質改善して、
もりもり元気になって妊娠出産の準備を整えるぞ~っ!
エイエイ、オー!
[PR]
by okumakoda | 2006-07-20 13:31 | 不育症

忙しかった週末。

金曜からずっとネットオチしていましたオクです。
もう大忙しの週末でした。

まず、金曜日にゆららが初潮を迎えました。
最初は血尿かと思って真っ青になり、
ぶるぶる震えながら動物病院に電話をしてしまいました(^^;
これでゆららも大人の仲間入り?
もうこの子も赤ちゃんを産める体になったのかと
しみじみ思いました。

尚、血が苦手な旦那はゆららの世話から
少し遠ざかり、
生理が終わるまでは散歩は私の担当になりました。
しかも、ほかのワンコを刺激しないように
だいたい23時過ぎに家をでて、
はしゃぐゆららを片手に
他にワンコがいないかどうか
あたりに眼を光らせながらの散歩は結構な重労働。

そして翌日は通っている不妊治療専門クリニックの、
心理カウンセリングの日。
この日の相談内容は、「想像しなくてもいいことを想像して
自分を傷つけてしまうのをなんとかしたい」ということ。
このブログにも何回か書きましたが、
たとえば妊娠を希望しているにもかかわらず、
お腹が大きくなった自分を想像すると、
その想像の中の自分が大きなおなかを叩こうとして、
それをあわてて頭の中で打ち消そうとする…
というような感じの想像をして、
ぐったり疲れてしまうのです。
そんなこと想像したくないのに想像してしまって、
しかもその想像を途中でとめることがなかなか難しいのです。
この問題は思ったより根が深く、
EMDRという治療を受けても前回の治療時のように
すんなり改善、というわけにはいきませんでした。

この治療時にひとつだけ気がついたことがあるのですが、
私はそういうことを想像してしまうから、だから妊娠できないんだ、
だから妊娠できないのは仕方ないんだ…と
自分に言い訳をするために、
そんなわけのわからない苦痛に満ちた想像を
繰り返してしまっているのかもしれない、と
思いました。
もしそうだとしたら、それは自分を甘やかしているに過ぎないから、
もっと自分を見直さなくては…。
次回治療時にもう一度この問題に取り組んでみたいと思っています。

そして夕方から町内会の盆踊り。
私が担当の磯辺焼きは今回初の試み。
今まであった「ピザ」が今年からできなくなってしまったので、
その代替品として、今回試しにやってみることにしたのです。
お持ちはのしもち、焼くのも炭火でという本格的なもの。
値段はよくスーパーで売られている切り餅のサイズより
やや大きめのもの1個で100円。
焼きそばやカキ氷、フランク、焼き鳥なども全部100円なことから、
お餅1個で100円は高いな…と思い、
その1個を2個にカットして売ったらどうかと提案しましたが、
「手間が増える」という理由で却下されてしまいました。

しかし当日、暑さも手伝って磯辺焼きの売上は低調。
(暑い日に餅はあまり食べたくないですよね(^^;)
子供に受けるようにたれも醤油ではなくバター醤油にしたのですが、
「バター醤油」という張り紙をしていなかったために
あまり子供達に浸透せず、最後まで売れ行きがよくありませんでした。

これはまずい、と翌日は
子供に大人気(らしい)アンパンマンなどの似顔絵ポスターを作り、
大きな文字で「バターしょうゆ味」などのアピールコピーを書き、
さらに五平餅風の味噌だれと、沖縄ソーミンチャンプルー風のたれを作って持参、
昨日の売れ行きの悪さを前面におしだして、チーム磯辺の皆さんに
「餅1こを2個に切って売る」作戦を押し通したところ。
なんと前日に比べて売れ行きも好調となり、
祭りが終わるまでに全て完売することができました。

実は「磯辺焼き」の発案者だったので、ほっと一安心。
でもこの磯辺焼き、使った餅がのしもちで原価が高いから、
たぶん赤字だったろうな~(^^;

そして連休最終日の昨日は朝から盆踊り大会の後片付け。
自分達で組んだやぐらをばらして、ちょうちんをはずして、
ゴミをまとめて…。
15時から打ち上げと、来月の神輿かつぎの打ち合わせ。

というわけで、本当に大忙しの週末だったのでした(^^;
[PR]
by okumakoda | 2006-07-18 15:20 | 日常のこと
今日からまた前向きモードで頑張るぞ!のオクです。
さて、昨日またふと気が付きました。
(最近気が付くことが多いですな!)

妊婦さんや赤ちゃん、小さな子供ちゃんを見るたびに
傷ついていた私。
それが

妊婦さんに出会う→「よっしゃ、妊娠菌ゲットだぜ!」
赤ちゃんに出会う→「よっしゃ、出産菌ゲットだぜ!」
小さな子供ちゃんに出会う→「よっしゃ、無事成長菌ゲットだぜ!」

と思うようにしたら、
あんまり苦しくなくなってきました。
それどころかちょっと嬉しかったりして(笑)

TK大のS先生の名言「人間だもの」とあわせてもうひとつ、
私の心の名言がありまして。

「幸せは、いつも自分の中に」

という言葉なのですが、
本当にそうだなあとしみじみ実感。
何を悲しみとするか、喜びとするかは
最終的に自分が決めているのですもの。

これからはできるだけ、
自分の中に悲しみや苦しみをみつけるのではなく、
幸せや喜びをみつけることができるようになりたいと、
そう思っています。
(昔やろうと試みた、「良かった探し」@ポリアンナ物語ってやつですね)
[PR]
by okumakoda | 2006-07-12 13:15 | 不育症

3年前の今日。

初めての子とお別れしたのが、
3年前の今日でした。
今まで生きてきた中で一番辛く悲しい日でした。
まさか1年後に、同じ思いをすることになるとは
このときは夢にも思いませんでした。

昨日、お供養をお願いしているお寺に
メールを書きました。
そのときまたふと気がついたんです。

たしかに流産は辛く悲しく苦しい出来事だった。
でもその前、あの子が私のお腹の中に
宿ってくれたときの
喜びや幸せまで、
同じ「悲しい」気持ちの中に閉じ込めて
忘れようとするべきではないんじゃないかって…。

私はあのとき確かに幸せで、
その幸せはあの子がくれたものでした。

3年たった今でも
思い出すのは幸せだったあの気持ちではなく、
それどころか
妊娠したときのことを思い出しても
涙を流すことしか出来ないけれど、
あの子がくれた幸せや喜びを
その悲しみのが薄れていくくらいに
強く思い出せるようにいつか、なりたいです。
[PR]
by okumakoda | 2006-07-11 14:07 | 不育症