不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー

<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

冷え性を克服したい!

冷えは妊娠の大敵。
というわけで克服したい!と思っていましたが、
なかなか思うようにいかず。
何かいい手立てはないものか!と
うなっていたところ、
合唱団で知り合った人から
「金時ショウガ」というショウガのサプリをすすめられました。
彼女は低体温で、ひどいときには35度をきっていたそう。
それがこのサプリを飲んだら、36度台に回復したというのです!
今漢方を処方してくれている薬剤師さんからは
「漢方で充分、体を温められるから
それは必要ないよ」と言われたけれど、
「良い」と聞いたものはなんでも試してみた~い!!
というわけで早速注文。
昨日我が家に届きました。
これから毎日飲んでみて、効果がでてきたら
また報告したいと思ってます♪

やずやの雪待ちにんにく卵黄もいいらしい…
サンプル、頼んでみようかな~。
[PR]
by okumakoda | 2006-06-29 18:16 | 不育症

EMDR2回目を受ける。

通っているクリニックが「EMDR」(眼球運動による脱感作と再処理)という心理療法を行っていて、
興味があるので受けているのですが、
昨日その2回目がありましたので行ってきました。
(EMDRについての詳しい説明はコチラ

EMDRとは簡単にいうと
治療師さんの指の動きを目で追うことで、
脳の中で適切に処理されていなかった
苦しみ・悲しみの記憶を処理する、という方法。
その辛い記憶を処理する際に、
辛くてどうしようもなくなったときに
「逃げ込める安全な場所」をイメージするところから
まず始めます。

第1回目のときにその「安全な場所」のイメージを作り上げ、
私は「滝のそば」をイメージすることにしたのですが。
何度か練習したところ、滝をイメージするのが難しいことに気がついたので、
滝を少し遠くへおいやって、音が聞こえる程度にし、
川が流れていてその中に一本の太い大きな大きな木が立っていて、
私はその幹に座っている、というイメージに変更しました。

その安全な場所のイメージを強化してから、
本格的な治療開始。
まず、自分が体験して
いまだに思い出すのも苦痛なのに
なぜか思い出してしまう記憶について
とりあつかうことになりました。

治療をやっているうちに、
ふと思いついたのは
そういう「辛い記憶」の共通点。

普通なら「こんな判断ミスはしない」ようなことを
私は何故か正確な判断ができずに失敗していて、
適切な判断ができなかったこと・そういう自分を
苦痛に思っている。

だから…新しいことに挑戦することが、
赤ちゃんがお腹にいることを想像することが怖いのかな?

また自分が何か適切な判断ができずに
苦痛を味わうことになることが、
不安で怖いのかな?

とふっと思ったのです。

まだ2回目だけど、効果が出てきているのかな?
全部で4回、受ける予定になっているので
終わる頃には自分がどんなことを感じるようになっているのか…
この不安な気持ちを全てとはいわずとも、
少しでも克服できていればいいな、と思いました。
[PR]
by okumakoda | 2006-06-29 13:15 | 不育症

鼻と喉に攻撃を受ける。

2,3日前から鼻と喉の調子が悪いオクです。
今日は会社も休んでしまいました。
今は水分補給のために起きてきたところです。
て、何やってんだ、私…、という感じです。
排卵するのに注射打って高温期に薬飲んでるのに
肝心の体調壊してどうするの、みたいな(涙)

旦那に「風邪ひいたのか」
と言われて即座に
「ひいてないよ!」と大声をあげる私。

「ひいてないけど、念のため今日はもう寝る」
「ひいてないけど、汗がでたからパジャマ着替える」
「ひいてないけど、会社やすむ」

オーイ(笑)

ではこれからまた寝ます。
喉の痛みはだいぶおさまってきましたので、
夕方起きて晩御飯作るころには、
すっかり良くなってるといいけどな、と思ってます。
[PR]
by okumakoda | 2006-06-27 17:05 | 不育症
先週土曜日、受診している不妊治療クリニックが
行っている心理療法の個人面談に行ってきました。
眼球運動を誘導することで、
前頭葉で処理されていなかった
悲しみ・苦しみの記憶を
正常に処理する行動療法なんだそうです。
まずは、行動療法を行う前に
悲しい・苦しい体験が、療法中にうわーっとでてきて
辛くなったときの対処法、
「自分が逃げ込める安全な場所」
を強くイメージする、という練習からスタート。
私は
「滝つぼのそばに座っている。
私は日光によって暖められた岩の上に座っている。
水の落ちる音、川の流れる音が聞こえる。
鳥の鳴き声も聞こえ、花も咲いている。
雨があがったばかりで、水の匂いがする。
遠くに木漏れ日がみえる。
日差しは暖かく、見上げると青空と白い雲がみえる。
近くに格子戸があって、そこには休憩スペースが設けられている。
その格子戸の先は温泉旅館で、
そこに行けば旦那がいて、私はいつでも旦那に会うことができる。
しかし、向こうからこちらへは誰も入ってくることができず、
安全な場所である」
というイメージを作りました。
今週水曜日に今度はいよいよ眼球運動による
トラウマの克服をします。
ドキドキです!

そしてその後、診察を受けました。
私が受診しているクリニックは毎回先生がかわるのですが、
いつもは先生が診察台にのぼるとカーテンの向こうから
顔をだして挨拶してくれるのですが、
今回の先生はそれがなく。
しかも、高温期にルトラールだったかな?
薬を飲むことになった理由が

「当院に来ている患者さんには
全員飲んでもらってますから」

て、なんじゃそりゃー!!
ま、この薬は高温期に高温を維持する作用があるそうで、
私はたまに高温期に低温になることがあるので、
服用してもいいか、と思って飲んでますが、
すごい理由に最初驚きました(笑)

しかし、まあ今回排卵した後の卵巣の様子を
超音波で見る事が出来たのでよしとするか。
本に載ってた写真とまったく一緒で
なんか妙に感動してしまいました。

そして今日は、その通っているクリニックが行っている
受胎気功教室に、仕事の合間をぬっていってきました。
ずっとではないですが、
たまにぶわっと汗がでてきたりして
いいかんじ♪
2週にいっぺんしかやっていないようなので、
また再来週申し込もうと思ってます(^^)

鍼灸、漢方、太極拳に気功…
東洋医学で妊娠にいいということは
これで全て網羅したかな?(笑)
[PR]
by okumakoda | 2006-06-26 19:03 | 不育症
来週、所属している合唱団が
チャリティコンサートに参加するので
昨日日曜練習に参加してきたのです。

教会で歌うのは2回目。
お客様の前で歌うのは初めて。
ああ…来週、楽しみなような怖いような。

ちなみに今までは楽譜にかじりついていて
指揮を全然見ていなかったのですが、
教会で歌うと音にずれが生じたりするので
先生が「指揮をみて歌をあわせること!」
と言うので
初めてなるべく指揮をみるようにしたところ。

指揮をしてくださっている先生は
見かけがクールで(でも音楽のことは情熱的)
イメージ的には理系の先生って感じです。

そんなクールな先生が…
大きな音が欲しいときや
くっと音をとめたいとき、

ものすごい面白い顔をするんです!!!

先生…それは私を笑わそうとしているんですか?
と本気で思いました。
何故皆が笑わずにいられるのか
本気でわかりませんでした。

本番、緊張していても
きっと先生の顔を見れば緊張がほぐれる。
でも別の意味で(笑わないように努力しないといけないという点で)
ドキドキするかもしれない、と
一抹の不安を抱いたのでした…(笑)
[PR]
by okumakoda | 2006-06-26 11:30 | 日常のこと
『「もう枯れちゃったのか」。冬の間、そう思っていた草花たちが、
春になり花を咲かせる・・。
私はハッとします。何の成長もないように見える冬の時期、
草花たちはちゃんと下へ下へと根を広げ、
きれいな花を咲かせるそのときのために
ちゃんと備えていたんだということに。』

これは私が購読している「犬のしつけを真面目に考える
サイトの管理人さんが発行しているメルマガの1文です。

管理人さんは、愛犬の問題行動にとても悩みながらも、
ワンコと楽しく「キス」や「バック」などの可愛いしぐさができる
練習をしていたそうです。
そんな過程を経ていくうちに、
愛犬とのコミニケーションがしっかりとれるようになり、
トイレも噛み癖も治っていったのだとか。

しつけに悩んでいたはずのその時期、
前進してないようでいて、実は二人の間に大きなずっしりとした根が
はっていっていたこと。
そしていくつもの問題を二人で乗り越えながら気がついたことは、
問題をのりこえるには、その人なりのペースがあって
そのペースにあわせて歩いていくのが当然なんだということ。

『それは、私たちがきれいな花を咲かせ続けるために必要な時間だった』

ワンコとのことを記したはずのこの文章が、
心にずしりと響きました。

前進していないようでも、
綺麗な花を咲かせ続けるために
私たちはひっそりと大きく太く力強い根を
はっていっている。
そして問題をのりこえるために、
私には必要なペースがあって
それは人とは違うものなんだから、
焦る必要はないんだ。

そう思ったら、全身から余計な力が抜けていくような気がしました。


『それは、私たちがきれいな花を咲かせ続けるために必要な時間だった』
[PR]
by okumakoda | 2006-06-22 12:58 | 不育症
昨日は筋肉注射を打ったあと、
鍼灸の予約をいれていたので表参道にいってきました。
先生に排卵が遅れていること、
今日筋肉注射を打ったことを伝えて、治療開始。

今日は胃がかたくなっている私に、
先生が秘密兵器(?)をだしてきてくださいました。

それは…電気針!

助手の方の話によると、
逆子をなおしたりとかするときに使っていたらしいのですが、
最近胃がかたい人にも使ってみるようになったとのこと。

助手さん「胃をやわらかくするために
先生が針をうったりお灸をしたりしていたんですけど、
お灸が苦手な人もいるし、針だと時間がかかるし…
それで先生が研究して、電気針を使ってみようっていうことになって。
使ってみたら、効果抜群でよかったんですよ」

とのこと。
ホリケン先生、前々から思っていましたが、
勉強熱心なんですよね。

そして足に電気針を打つこと数十分。
本当に胃がやわらかくなりました!

ホリケン先生「やわらかくなりましたね」(←満足気)

私も今後、胃をこれ以上痛めないように
よくよく噛んで食べたり、
なるべく食べる前にお湯を飲んだりしようかな~と
思っています。
[PR]
by okumakoda | 2006-06-22 12:22 | 不育症

初めての筋肉注射。

今日、またもや通院してきましたオクです。
たまごちゃんは一昨日の約15から
18ちょっとに成長してくれていました。
ありがとう!たまごちゃん!
というわけで自然に排卵をまつかと思われたのですが、

先生「排卵誘発剤ではないのですが、
排卵の手伝いをする薬をうちましょう」

そ、そうなんですか!?
薬を打つんですか!?

オク「その、副作用とかは…」
先生「卵胞が複数大きくなっているわけではないので
注射を打った部分が赤くなったりとか
そういう症状以外は大きな副作用はないと思うので
だいじょうぶですよ。」

というわけで打ったのがプロファシー5000
という薬。

先生「この注射を打つと、36時間以内に必ず排卵しますから
明日の朝にタイミングをもたれてくださいね」

明日の夜だともう排卵してしまっているかもしれないので、
朝が一番良いとのこと。

帰宅して、ちょうど会社に行こうとしていた旦那をつかまえて
先生からのご神託(?)を告げると、

旦那「明日の朝か~」(←どっと疲れた顔)

不妊治療…もしかしたら、ストレスを感じているのは
私ではなく旦那のほうかもしれません(笑)

ちなみにその旦那様は昨日の夜、
ゆららの虚勢手術についてどうするのか、
結論を私に性急に決めることを求めてきました。
自分が妊娠・出産について悩んでいるのに
その可能性を十分にもっているゆららから
それを取り上げてしまうことは
私にはとてもできない、
でもそうすると発情期は散歩にいけなくなり、
それがストレスになって病気になる犬もいるんだぞ、
何よりゆららに長生きしてほしいと思うなら
手術を受けさせるべきだと主張する旦那様…。

ちょっと、あなた!
もう少し妻を思いやってもいいんじゃないの?
いくらなんでも、今この時期に
やいのやいの、攻め立てなくてもいいんじゃないの…
と思いましたが、
まあ旦那様は前からそういう人なので
「とにかくあと少し待って」とお願いして
お口を閉じてもらいました。

こんなとき、犬語が話せたらいいのになあ、と
こちらをじっと見上げるゆららをみて
思ったのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-06-21 14:31 | 不育症
不妊治療専門クリニック、
本日は3回目の診察です。
今回は排卵が遅れているため、
排卵するまでは行ったほうがいいみたいで
ほぼ2,3日おきに通っています。

前回土曜日に行った時に
一番大きい卵ちゃんは13.5でした。
で、今日は15に成長してました。
そして今回はまた前回とは別の先生がみてくださったのですが、
今度の先生はちゃんと卵ちゃんの大きさも説明してくれたし
質問しやすい雰囲気。

先生「たぶんあと2日ぐらいで排卵すると思うので、
明日の夜、夫婦生活をもたれてください」

(その台詞、この間のときも聞いたような気が…)
と思いつつも素直にうなずき、

オク「先生、卵の成長速度が遅いようで心配してるんですけど、
卵の成長速度が遅いと良い質のたまごができないんですか?」
(と、前回の診察時に別の先生に言われたんですヨ)

先生「いや、そんなことはないですよ。
それに生理の周期は短くなるほうが問題で、
長くなるのは短くなるよりはまだ問題ないので
そんなに不安になることはないですよ。」

尿検査でも反応が少しづつでてきているし、
たぶんこのまま排卵すると思われるので
大丈夫ですよ、と言われて一安心。

排卵を促す注射もうたず、
今回は様子をみることになりました。

次の診察は水曜日。
今度は排卵してるといいな~。

とりあえずたまごを成長させるのに
ビタミンC,Eが含まれた食事がいいらしく、
ちょうど実家からアスパラをもらったので
今夜はアスパラ尽くしメニューでいきたいと思ってます♪
今朝もさっとゆでたのを食べたのですが、
美味しかった♪
旬のものってみずみずしくて美味しいですよね~(^^)
[PR]
by okumakoda | 2006-06-19 18:42 | 不育症
今日は水曜日に診察しにいってきた
クリニックに再診察に行きました。

前回排卵してるかな、と思っていたのが
まだ卵胞の大きさが11だったためです。
ところが今日もまだ排卵はなし。
それなのに体温は昨日から高温に。
(でも今朝は寝坊して計り忘れたので
今日も高温かはわからないけど)

水曜日とは違う先生が診察してくれ、
(この病院は担当制はないのだろうか。
毎回違う先生に診てもらうことになるのかな?)

「うーん、もし体外受精の人にだったら、
排卵を促す注射をすすめるんですけど
まだ一般不妊検査だし、どうします?」

どうします、というのは、
その注射がまず血液検査をしなければならないこと、
しかもその検査からして保険対象外なので
そこでまず3千円かかり、費用が少し高額になってしまうので
どうしますか、ということらしい。

「ま、次の診察…19日あたりに
決めてもいいと思いますので
今日はこれだけにしておきますか。」

というわけで、また明後日診察に行くことになりました。
一応、もしかしたら排卵するかもしれないので
夫婦生活を今週末にもってみてください、と
言われました。

先生は卵胞の大きさをあえていわなかったけど、
ちらっとのぞきみたら13.5って書いてあった気がする。
この間11だったのにまだ13.5で
しかも体温だけ高温期突入ってどういうこと!?

レディデイでチェックしてもまだ排卵の感じはでてこないし…。
でもおりものは少し増えてきたから
月曜日までには卵胞ちゃんも成長して
排卵してくれてるかな~?

頑張って、卵胞ちゃん!
私も卵胞ちゃんが育ちやすいように、
午前0時までには絶対寝るようにするから、
月曜日までには排卵してね!
お願いします~!!(と念を自分の体におくってみる)
[PR]
by okumakoda | 2006-06-17 13:34 | 不育症