不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー

<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

先週土曜日、やっと近所の動物病院にゆららを連れていきました。
目的はフェラリアと、のみだにの予防薬を貰うこと。
動物病院は、結構ちゃんと調べていかないと怖い…
ということを聞いたのでネットで調査。
「みかけは昔のふるーい病院だけど、
先生はすごくいい」と評判の、自宅から徒歩15分くらいの
動物病院に行くことにしました。

電話すること3回。
やっと電話口にでてくれた先生に
予算を聞くと、

「フェラリア予防薬は今の時期から12月10日ぐらいまで
出したほうがいいから…12月までの分全部で7千円ぐらいですね。」

ええ!?その前に電話して聞いた
動物病院では、
フェラリア予防3か月分と、
初診料、診察料、ノミダニ予防2か月分あわせて
1万円といわれましたが?

「薬の場合は診察料はいりません。
初診料も頂いてません。」

な、なんて利益度外視な…。
と感動しつつ、病院に行くと
評判通り古い外見、荷物がたくさん置いてある待合室。
先生は予想より若くて40代前半?という感じ。
しかも診察は待合室で行うのです。
一瞬どきっとしたものの、
しつけのことでアドバイスしてくれたり、
薬の説明をちゃんとしてくれたり、
診察料払ってないのに
「耳をよくかくんです」と言ったら耳をみてくれたり…。
この病院を見つけられて良かった!と
嬉しくなってしまいました。

ちなみにゆららは病院の雰囲気に緊張したのか、
終始おとなしめ。
しかも先生がせっかく缶詰をあけて「これは美味しくてどの子も喜んで食べる」と
さしだしてくれたのに、顔をそむけるし…(^^;
白衣を着た人がさしだしたから、薬だと思ったのかな?

ノミダニ予防の薬もだしてもらって(これは二ヶ月きくタイプで、
1300円ぐらい)
とりあえず一安心。

あとはワンコは暑いのが苦手らしいので、
ワンコ用ひえひえシートを買わなくっちゃ。

d0014636_113007.jpg


ゆらら「このソファのすみっこがアタシのお気に入りなの♪」
[PR]
by okumakoda | 2006-05-30 11:31 | ゆら(パピヨン)の成長記録
一昨日、私と旦那が所属している町内会の方に
行きつけのイタリアンに連れて行って頂ました。

そうしたら、これがものすごく美味しい。
でてくるもの、なんでもかんでも美味しい。

厨房にたっているのはとても元気で
いかにも下町のお母さん、という感じの
素敵な女性。

お客は常連さんばかりで、
オーナーとももちろん、
今日初めて顔をあわせたお客同士も
軽快に会話を弾ませる。

食べ終わった後は本当に満足して、
綺麗になった食器の底をみつめながら
「本当に美味しかったなあ」と
満足のため息。

美味しいものは、人を幸せにする。

幸せは見つけるのが時々難しく、
時々とても簡単だと
常々思っていたけれど、
今日、今までずっと身近に関わってきたはずの
「料理」の中にそれをみつけた。

そう、私の幸せはこんなところにもあったのだ。

ちなみに今回一番美味しかったのは
フルーツトマトのジェラート。
トマトのジェラートが、こんなに美味しいものだとは
知らなかった。
そのトマトのジェラートでコネタをひとつ。

旦那「(トマトのジェラートを食べて驚いたように)
うまい!このトマトのジェラード。
これ、一体何の味!?」

オーナー「だからトマトだって。」

初対面のオーナーにびしっとつっこまれた
天然ボケな旦那様でした…(笑)
[PR]
by okumakoda | 2006-05-29 13:05 | 日常のこと
「オーラの泉」という番組でもおなじみな、
スピリチュアルカウンセラー江原さんの本を今読んでいます。
私は数年前にフロイトの「意識・無意識」について
興味を持って少しだけですが、本を読んだり調べたりしたことがあるのですが、
考え方に共通点があるような気がして
興味深く読み進めました。
そこで抱いた感想を書いてしまうと
かなりハードになってしまうので(^^;
それは次回にもちこし…というわけで、今回はとりあえず
その中で紹介されていた「和田式ダイエット」
という方法だけご紹介します。
詳細はコチラをご参照下さい。
江原さんはこれでダイエットに大成功したらしいです。
私は体験していないので、なんともいえませんが…
世の中には色々なダイエット法があるんですね。
私もカロリー計算ダイエットとかりんごダイエットとかタイミングダイエットとか、
いくつも試しては挫折してきました。
今回痩せることができたのはやはり執念…(笑)というよりは、
タマネギスープダイエットが私の体にあっていたからだと思います。
自分の体にあったダイエット方法がみつかれば、
「今まであんなにダイエッットに苦労してたのが嘘みたい!」
と驚くほどすとんと体重が落ちるのかもしれませんね。

追伸:
5月29日の朝、駅の販売店で今週号のクロワッサンという雑誌をみかけたところ、
「食べて痩せるダイエット」食べる量ではなく、食べるものが間違っている、あなたのダイエット法!という特集が組まれてました。
興味ある方はみてみてください。
[PR]
by okumakoda | 2006-05-26 18:42 | 日常のこと
一昨日は、結婚してメキシコにいってしまった友達が
子供をつれて里帰りしているというので
会いにいってきました。
そしてまた傷つく、性懲りもない私(笑)
赤ちゃんとお母さんが仲良ししている姿をみると
むしょうにうらやましくなってしまうのです。
そして赤ちゃんを抱っこした友達に
「オクさんは赤ちゃん考えてないの?」と言われたときが
ショック度ピーク。
(彼女は私が流産してることを(一回目だけだけど)
知っているから、その言葉は言わないと思ってたのに~!)
つい2週間前に同じ光景に遭遇したばかりなのに…
繰り返す私って…学習能力がない?(笑)
でも友達に会いたかったんだもーん!

しかし赤ちゃんをだっこさせてもらって
赤ちゃんの暖かさと重さに感動。
より「赤ちゃん」をイメージしやすくなりました。
Yちゃん、ありがとう!
これからはあの暖かさと重さを常にイメージして、
「私のお腹にもやってきて~!」と念(笑)を
送りたいと思います。

そして翌日は東海大の診察日。
S先生に会うのは5ヶ月ぶり。(と今更伏字にしてみる)
予約時間は10時、でもちょっと遅れて到着したので受付したのは10時10分。
全部終わったのが12時だから(採血もしたし)
やはり以前に比べて待ち時間が少なくなってます!

以前参加したオフ会でS先生の話を聞き、
私の中のS先生に対する好感度が上昇していたせいか
いつもよりも話が弾み。
しかも、S先生は実は私の好きなタイプの先生だということが
出会ってから1年半もたった今、発覚しました!(←遅すぎ…)

私が好きなタイプの先生とは。
副作用のことを考えて薬をむやみにださない、
無駄な出費を患者にさせない先生。

今回、前回の流産から1年半がたったので、
一応不妊検査だけでも受けてみたいと思う、
と伝えたところ

S先生「病院はどこを考えているの?」(←と、「いいんじゃない」で終わらず
一応病院名を聞いてくれるところもポイント)

オク「Kクリニックに行こうと思ってます」

S先生「ああ、あそこならいいんじゃない。
あそこの患者さん、結構うちにくるんだよね。」

と言って、「じゃあ検査結果をだそうか」と検査結果を全部だしてくれ、
紹介状出すとお金かかるから、結果だけでいいよね、と言いながら
「え?こんなのまでいいの?」というようなものまで
つけてくれました。

その後、
今服用しているバファリンを毎日飲んだりすると
妊娠しやすくなりますか?もしそうなら飲みたいんですけど…
と言うと、

S先生「どんな薬にも副作用があるんだよ。バファリンは少ないけど、
それでも不育症じゃない患者さんで、バファリンを毎日飲まなきゃならない患者さんが
胃痛を訴えることもあるんだから…できるだけ、飲まなくていい薬は
飲まないほうがいい。」

オク「あのー…確かに私今、胃の調子があまりよくなくて…」

S先生「じゃあ余計だめだよ。薬もバファリンじゃなくて、
胃にやさしいバイアスピリンに変えよう」

というわけで、今回から薬もバイアスピリンにかえてもらうことになりました。
S先生は大学病院の先生だから
利益とかは考えなくてよくて、
それで積極的に薬を出さなくていいのかもしれませんが、
近所の病院や耳鼻科に行くと
「こんなに薬出さなくても…」とこちらが困惑するくらい薬がだされて、
しかもたいていそんなに飲まなくても治るというのを
繰り返してきた私としては、
はじめて「飲まなくていい薬は飲まないほうがいい」という
医者として当たり前のことを言う先生に出会った!と思いました。

しかも渡してくださった検査結果も詳しく、これだけもらえれば
何点か不妊症の検査もはぶくことができるものも含まれていて
正直助かった!と思いました。

というわけで私のS先生への好感度は急上昇。
信頼度も格段にアップしたのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-05-26 15:46 | 不育症
ゆらら(パピヨン)ネタが多くてすみません。

ゆららがドッグフードを食べないんですよ。
今、サイエンスダイエット子犬用をあげているのですが、
家に来たばかりの頃は食べていたこのドライドックフードを、
最近は全く食べなくなってしまったのです。

具合が悪いのでは?と思ったけれど、
オヤツは食べるし…
ネットで色々調べたところ、
5ヶ月をすぎるとそういう「食べない」行動にでるわんちゃんが
どうやら多いようだ、ということがわかりました。
体がかわっている途中で、ちょうど5ヶ月~7ヶ月にはいるくらいまでが
あまりエネルギーを使わないから、ということと
やはり我侭が原因みたいです。

3日ぐらいは食べなくても平気だから、
ドッグフードを食べないそぶりを見せたら
すっとお皿をさげてしまうといい、と書かれていました。
そうすると「食べないとご飯はさげられちゃうんだ!」と学習して
食べてくれるようになるそうです。
ここで動揺して美味しい缶詰を混ぜてみたりすると
「ストライキすれば美味しい缶詰をもらえるんだ」と学習して、
なかなかドッグフードを食べなくなってしまうそう。

やばい…もう、あげてます…缶詰、混ぜてます……_| ̄|○

よし!今日から断固たる姿勢でゆららに臨むぞ!

でも、ずっとあんなドッグフードじゃ可哀想だから、
私もささみとかゆでてあげようかなあ。
それと、サイエンスダイエットじゃなくて、
もうちょっと安全そうなものをあげたいな…。
一応、漢方薬局に行ったときに寄った
ペットショップでは「ビィナチュラル」というドッグフードをすすめられて、
ゆららもサイエンスダイエットよりは食べてくれたのですが
あんまり食いつきがよくなかったんだよなあ。
うーん、どうしよう。

というわけで、色々みてまわったところ
吉岡油糧さんにいきつく。
ここはどうやら自分のわんちゃんのために、
オーダーメードフードを作ってくれるらしい。
オ、オーダーメイドかあ……高そう……(^^;
でもとりあえずトライアルということで
4千円相当のドッグフードを100円で買えるらしいので
申し込んでみました。
届くのが楽しみです♪

そして調子にのってゆららの写真をUP。
これは妹が自分のミニチュアダックスにはもう小さいからとくれた、
101匹わんちゃんの洋服を着せられて固まるゆらら。
d0014636_16564645.jpg

ゆらら「何?何がアタシに起こってるの!?」
[PR]
by okumakoda | 2006-05-23 16:50 | ゆら(パピヨン)の成長記録

おみくじ

昨日、ゆららに会いに
実家の母親と妹2人がやってきました。
先日会った友達にご馳走してもらった
パティスリー・デュ・カシスさんの
朝焼きプリンととよすろーる47が
美味しかったので買いにいき、
ゆららをシャンプーして準備完了。

プリンととよすろーる47は大好評。
ゆららは実家で飼っているミニチュアダックスフンドに比べて
「軽い!」と驚かれ、ひとなつっこいと可愛がってもらいました。

ひとしきり話したりお茶を飲んだりした後、
「最近良いことがないから、お参りに行く!」という母とともに
皆でお参りに。

そこでおみくじを私と妹2人でひいたのですが…

結果は「吉」♪

「願い事…7分叶う」
「病気…快方に向かう」

おお!いいじゃないですか!
2月にひいたおみくじに比べたら
ものすごくいいですよ!
7分ってことは今まで低確率だったのが
70%の確率まであがってきたってことでしょうか。
しかも病気が快方に向かうだなんて♪
春の予感到来って感じです!

「心をおおらかにもてば
心身ともに繁栄する」
とのこと。

よーし、早速おおらかな心で過ごすぞ!
と決意した私に、
帰宅した母親から電話があり。
ちょっぴりショッキングなことを言われた後にさらに

電話をかわった父親から

父親「父さんは犬より子供(孫)が欲しい」



………こ、心をおおらかに、おおらかに!
うちの父母は自分に正直なだけなんだから。
あまりショックを受けたりしない、しない!!



しかし実の父母だって気になってるってことは
やっぱり旦那のお父さん、お母さんも相当気にしてるんだろうなあ…。
とくに旦那のお父さんなんて一回目の妊娠前までずーっと
ひたすら孫はまだかと言ってたのが、
ぴたっと言わなくなったもんなー…。

心配かけて申し訳ないけれど、
こればかりは…子供は「作ろうと思ってできる」ものじゃなく、
やはり授かりものなんだと最近しみじみ思うので。

努力は一生懸命しますし、心配かけて申し訳ないと思うし、
気にしてくれるのは嬉しいことだとは思いますが。

心穏やかに過ごす事が一番の近道だと思うので
(というか、おみくじもそうおっしゃってるし)
娘がゆったり赤ちゃんを授かる日を待てるように、
あまりショッキングなことは言わないでネ、お父さん、お母さん!
(前みたいに赤ちゃん用品のお店を見て
「行ってみたかったわね~」とか…(^^;)

ちなみにこの写真はおまいりに行った先で
階段の段差を見て突然お座りして動こうとしないゆららの
リードをぐっとつかんで
「写真を撮るなら今よ!」と携帯カメラをかまえた母が
撮ってくれたゆらら。
d0014636_19324512.jpg


お母さん……ゆらら、あきらかにお母さんに対して
脅えてるよ…?_| ̄|○
[PR]
by okumakoda | 2006-05-22 18:14 | 不育症

主よ、みもとに近づかん

先週の金曜日に、合唱団で知り合った
同じ沿線に住んでいて年齢も近いお二人の方と
そのうちの一人の方のお家に行って
ご飯をご馳走になり、
防音室で歌を歌ったり歌ってもらったりしてきました。
その方は音大出身で、
コンクールで歌った歌などのCDを聞かせてもらったりして
うっとり。
とても気持ちのいい声なんです。

そしてなんといっても生歌。
グランドピアノで弾き語りですよ。
すごい贅沢な一時でした。

彼女に歌ってもらった曲の中に、
「主よ、みもとに近づかん」
という歌があって
キリスト教の告別式で歌うそうです。
タイタニックの映画の中で使われていたり
私も大好きな宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」という映画でも
使われていたりしているので、
きっと一度は聞いたことがあると思います。

キリスト教徒の方にとっては
死はイエスの身元にむかうことであり、
悲しいことではないのだそうです。

私はキリスト教徒ではないのですが、
この歌を彼女が歌ってくれたとき、
思わず泣いてしまいました。

私のお腹の中から旅立ってしまった二人の赤ちゃん…
きっと天国で、たくさんの友達にかこまれている、
旦那のおばあちゃまに仲良くしていただいて、
辛いことはきっとないと自分に言い聞かせても、
そして何度ごめんねと手を合わせてあやまっても、
いつまでも消えない罪悪感…。

それが彼女の歌を聴いていた
あの一時だけ、
許された気がしたんです。

合唱団で知り合った方たちは何も事情を知らないのだから、
泣いてはだめと思いましたが、
わっと湧きおこってきた感情をとめることはできず、
彼女が歌い終わるまでのほんの短い時間でしたが、
涙をこぼしてしまったのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-05-22 14:29 | 不育症

鍼灸と漢方の日。

今日は午後鍼灸に行き、
夕方漢方薬局に行ってきました。

胃の中に水がたまっている感じがすること、
旦那と仲良くしたら子宮が少し痛く感じたことを
一応鍼灸のホリケン先生にも、漢方の薬剤師さんにも報告。

お二人からは
胃についてはあまり気にしないように…
というようなことを言われ、
子宮については特にコメントはなし。

ただ、ホリケン先生に
お腹のかたさについて聞いたところ、
「通い始めのころに比べたら良くなっている」
とのこと。
うわ~、嬉しいな(^^)
進歩はたとえちょっとだとしても、
前進しているならとても嬉しい!
ホリケン先生のところに通っていて良かった~(^0^)
(でもそんなことを言われながらも
今日の宿題お灸数は12個だったけど(^^;)

漢方のほうも私の不安を全部聞いてくれて、
すっかり落ち着いた気持ちに。
高温期用の漢方を新たにだしてもらって帰宅……
する途中にペットショップを発見。
店員さんにゆららのことをたくさん相談して
アドバイスをもらい、
新たなおもちゃを購入して帰宅。
ゆららもすっかり新しいおもちゃがお気に入りになり、
満足してくれた模様。

鍼灸と漢方に行く前は
ゆららと旦那とまったりできたし
(旦那は仕事が忙しくて
今の時期なら絶対とっとと仕事に行ってしまうはずなのに
ゆららがいるから家でだらだらしてました)
とても充実した一日でした♪
[PR]
by okumakoda | 2006-05-21 01:03 | 不育症
ちょっと気恥ずかしい、というか生生しい話です。
苦手な人はスルーしてください。
ごめんなさい。

基礎体温計が壊れていて体温は測れないのですが、
一応低体温期用の漢方を飲み終えたので
そろそろ高温期へ以降する時期かな~と思い、
旦那と仲良くしてみました。

しかし…気になる問題が。

以前、銀座の漢方堂に通っていた時に
大先生に

「こんなにお腹がつっぱってるんじゃ、
妊娠に挑戦するたびに痛かっただろう」

と言われたのですが、
そのときはそうでもないけどなあ、と思っていたのです。
しかし昨日は…痛い!
仲良くすると子宮のあたりが痛く感じたのです。
お、おかしいな?
今までこんなに痛いことなかったのに…。

腹式呼吸しようとしてお腹を動かすと
胃の中でじゃぼっと水音がするし、
仲良ししたあとにお腹にさわってみたら
今までよりすこしかたい気がする。

うーん、ちょっとストレスがたまって
体の調子がおかしくなっているのかなあ。

でもまだ1回しかそう感じてないし、
早急に判断せずもうすこし様子をみようと思います。

ちなみに、ホリケン先生(注:通っている鍼灸院の先生)のところにあった
「赤ちゃんが欲しい!」雑誌にくまれていた特集
「夫をその気にさせる心理学」、
前回行ったときに続きをちょっとだけ読んだのですが。

「妊娠に挑戦したあとは嘘でもいいから
『ありがとう、とてもよかった』など言って
夫を褒めたたえましょう。
すると次も頑張ろう!という気持ちになります」

∑(゚□゚;)エエー!?

そ、そんな台詞……言えないっすよー!!。゜゜(´□`。)°゜。

つ、次の機会に……が、がんばりまっす。(_ _,)/~~ コウサン

とりあえず今日も「お腹が柔らかくなる~」と意識しつつ、
仕事に励むぞ~!
[PR]
by okumakoda | 2006-05-19 12:00 | 不育症

意識する、ということ。

今日は所属している合唱団の
ボイストレーニングの日だったのですが、
ボイトレの先生がこんな話をしてくれました。

「今日、お昼に笑っていいともを見ていて、
筋肉の芸人さんが言っていたんですけど、
筋肉を鍛えるのにも『この筋肉を鍛えるぞ!』と
意識したほうがいいんですって。
それを聞いて驚いたんですけど、
歌もそうなんですよ。
歌も声帯を意識しながら歌うのと
意識しないで歌うのでは
全然違うんです。」

それを聞いてなるほどなあ、
自分の体を意識する、
鍛えたかったり、使いたかったりする部位を
意識することって重要なことなんだなあと思いました。

つまり…つっぱっている私のお腹も、
毎日「やわらかくなる、やわらかくなる」と意識すると
そんなにぱっと急にはかわらないかもしれませんが、
やはり意識するのとしないのとではだいぶ違うのかもしれない、と思いました。

よーし、今日からお腹がやわらかくなるように、
意識するぞ!
[PR]
by okumakoda | 2006-05-19 00:15 | 不育症