不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー

<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

私はパニック障害という病気をもっていて、
それはどんな病か一言でいうと「突然強い不安に襲われる」という病気です。

薬を服用すれば治癒しますが、なんと3年はかかるということで
妊娠中の薬の服用は赤ちゃんに影響があることから、
出産後に治療しよう…と今は薬の服用をやめています。

しかし、この「強い不安感」、実は妊娠のことを想像しても
私を襲うことから(→妊娠している自分を想像すると、
妊娠を切望しているはずなのに恐ろしい不安に襲われる)
もしかしたら妊娠しにくかったり、
流産するのもこの不安感が少なからず影響しているのでは…
と最近思い始めてきました。

この不安さえなくなれば、妊娠することができるのは?
出産することができるのでは?

思いはじめると、もうどうにもとまりません(笑)

というわけで先週、以前通っていた心療内科の予約を取り、
受診することにしました。
(ちなみに今日が受診日です)
妊娠中も赤ちゃんに影響の少ない薬を出してもらって
飲むにしろ飲まないにしろ、
それをもってるだけでもだいぶ精神的に違う気がします。

それから来月から、前から入りたいといっていた合唱団に入団し、
かつ鍼灸治療も再開したいと思ってます。

などど、私が毎月1回、突然精力的にあれもこれもと
手を出し始める…それは生理がくるとわかった日&もしくは生理がきた日!(笑)

生理がくると、新たな妊娠対策に手をのばさずにはいられなくなる…
これも依存の一種かしら?困ったものです(笑)
[PR]
by okumakoda | 2006-02-27 12:44 | 不育症
今日はもうその話題でもちきりだと思いますが、
女子フギュアスケートで荒川選手が金メダルをとりましたね!

「田村でも金!谷でも金!」のやわらちゃんといい、
荒川選手といい、
周囲からの期待、プレッシャー、緊張、
その全てをのりこえ
自分の心をコントロールできる強さをもっている女性を
ものすごく尊敬します。

「SPが終わったあたりからもしかしたらメダルをとれるかも、
と思った。でも意識するといけないと思って
考えないように、考えないようにと自分に言い聞かせていたら
メダルを取ることができた」
と笑顔をみせた荒川選手。

「考えないように」と言い聞かせても
どうしても考えちゃうのが普通です。
私も彼女を見習って自分の心を少しでもコントロールできるようになりたいです。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-24 13:46 | 不育症

デトックスダイエット

流産後、けして流産前の体重に戻ることのなかった私の体。
(いや、別にとりたてて努力もしなかったけれども)
それがなんとか漢方の先生の指示体重まで落とすことができたのは、
先生が処方してくれた漢方のおかげか、
はたまた間食を我慢したからか(ってどんだけ食べてたんだっつーの)

もしくは途中から始めたデトックスダイエットのおかげかもしれません。
というわけで、今日は私がトライしているデトックスダイエットについて
ご紹介いたしますです。

デトックスというのは「毒だし」という意味です。
私たちの体内には空気や食べ物から多くの有害物質がはいってきています。
有害物質は脂肪に付着しやすく、
脂肪の分解をする働きをする酵素リパーゼの活性を有害物質が邪魔して
痩せにくくなってしまうというわけらしいです。

つまりは、体内の有害物質を減らせば痩せやすくなる、というわけなのです!

そのためにはどうしたらいいか?
対外に有害物質を排出するために
便と尿と汗をきちんと外へ出すこと、
そして毒だし成分が高い食物ORさぷりを摂取することです。

私がトライしたのは、毒だし成分の宝庫、たまねぎを毎日食べ続けること。
それも玉ねぎの毒だし効果を高めるため、酢漬けにしたものを食べたのです。
以下、この毒だし酢玉ねぎの作り方。
(「安心」2005年12月号付録より、大森先生考案レシピ)

玉ねぎ…中2個(400グラム)
酢…1カップ(200ミリリットル」)
自然塩…少々
蜂蜜…大匙3杯(45ミリリットル)

①玉ねぎは薄皮をむいてスライスし、30分~60分ほどおく。
②鍋に酢と自然塩を入れて火にかけ、人肌(36度)に温まったら火をとめる。
③②に蜂蜜をいれ、さらに①の玉ねぎを加えてよくまぜればできあがり。
④密封容器に移してふたをし、冷蔵庫にいれると1週間は保存できる。

これを朝晩の2回、全部で60グラム~80グラムをおかずの一品として食べると
いいらしいのですが…
これが、辛いし食べ終わったあと胃の中が玉ねぎくさくなるので
旦那に大不評でした(笑)
朝食べると会社で口臭が心配なので、私は毎晩食べて
旦那に「口くさいよ」と言われないために
ブレスケアを食後に食べてました。

本当にこれで痩せたのか?はわかりませんが、
これからも現体重を維持するために食べ続けようと思ってます。

ちなみに玉ねぎのからいのがだめ、酢漬けがだめ…という方のために
玉ねぎスープの作り方ものせておきます。
(抜粋は上記と同じ雑誌付録より)

玉ねぎ200グラム(中一個)
キャベツの葉100グラム(2,3枚)
塩、コショウ、コンソメ少々

①玉ねぎの薄皮をむき、千切りにする。キャベツも千切り。
②土鍋に1リットルの水をいれて沸騰したら①をいれる。
③ふたたび沸騰したら弱火にして30分煮込む。
④塩、コショウ、コンソメで味付けする。

こちらのほうが比較的食べやすいです。
食べた後は汗をかくくらい、体が温まります。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-23 10:39 | 不育症

今日は私の誕生日。

私、今日が誕生日なのでございます。
でも旦那は締め切り前のため仕事から帰宅できず…。
今日は一人でカレーを作って食べるだけで終わってしまいました。
ちなみに旦那の誕生日は明後日なので、
旦那といっしょくたにして今週末にでもお祝いしちゃおうと思ってます。

ああ、しかしなぜか最近頭がくらくらする。
寝不足かなあ…。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-21 22:41 | 日常のこと
落ち込んだ自分を励ますため、
以前から思っていた「混声合唱団に入団しよう!」と
ネットで検索をかけていたところ…
面白い占いに遭遇したのでご報告。

生年月日を入力するだけでずいぶんたくさんの占いをすることができるのですが、
その中で「ぎくっ」とした占いが…

鬼谷算命学の結果です。
私は「雨露」らしいのですが、
以下抜粋。

「頭で考える現実主義なタイプのため、理性的であるのに、一度落ち込むとドーンと落ち込むのが雨の人の特色。物事には理屈や常識では測れないことが多いもの。あれこれ考えすぎず、気楽に過ごすことです。」

( ̄□ ̄;)!!

あ、あたってる…?

「降った雨が川に集まり、海に流れ込むには時間がかかります。また、雨の一滴一滴が飲み水になるにも時間が必要。つまり、雨の人の運は小さな積み重ねがあってこそ、大きく開花してくるのです。さまざまな体験に落ち込むことなく、さらさらと受け流す余裕を持つこと。それはいずれ、大きな貯金となって返ってきます。 」


受け流す大人の余裕…私にとっては最も苦手な分野です…ああ…_| ̄|○

でも時間がかかっても絶対望んでいた結果がやってくるってことだと思って、
これからは「ウフフフフ?アテクシったら何を言われてもぜんっぜん平気なのよお?」
と自分に言い聞かせながら頑張りたいと思います…。

ちなみに動物占いでは
私は「尽くす猿」
旦那は「コアラの中のコアラ」でした。
…どんな動物だろ、コアラの中のコアラって…。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-20 18:52 | 日常のこと

体重が減っ…た?(笑)

昨年秋口に漢方の先生に
「君は少し太りすぎだ。体重を2キロ落とすように!」
と言われてからはや4ヶ月…
先日体重計にのったところ、
なななな、なんと!!
先生に指定されていた体重まで落ちていました!!

間食をやめて毎日毒素を出すという特製酢タマネギを食べ続けた効果なのか、
それとも今頃になってやっと先生が処方してくれた「痩せる効果がある」漢方が効いてきたのか。

流産後からずっと落ちることのなかった体重が、
やっと流産前の体重に戻ったのです!

今月はかなり挑戦したし、これはかなり期待できるかも?
と思ったのですが。
でもでもですね。
先週木曜日に毎晩続けていた柔軟体操をやっていた時…
子宮に一瞬、かなりの痛みが!
しかもそのあとから、ちょっと貧血気味だったのが治ってしまったのです…。
ああ、余計なことするんじゃなかった(涙)
しかも週末に両親と梅を見に行ったのですが、
その時訪れた神社のおみくじに

「ねがい、ちょっとしたあやまちで叶わず」

と書いてあったのです!ああ…!!(号泣)
よりによって「ちょっとしたあやまち」って…_| ̄|○

でもきっと大丈夫!柔軟体操ぐらい大丈夫!と
自分に言い聞かせながら、
ともすれば大後悔に襲われそうになる自分を
励まし続けているオクなのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-20 16:56 | 不育症
我が家では新聞をとっていないのですが、
たまたま今週末に実家に帰ってたので発見することができました。

朝日新聞の一面の、習慣性流産についての記事です。

着床前(受精卵)診断について、日本産科婦人科学会が一部認めるという
発表をした、という記事でした。

その記事についてはネットにあがっておらず、
日本産科婦人科学会のHPにもなにもUPされていなかったので
とりあえず「着床前診断って何?」という方はコチラをご参照ください。
(この着床前診断ネットワークをとりまとめられている医師の方は
日本産科婦人科学会の承認を得ずに着床前診断を行ったため、
現在は日本産科婦人科学会から脱退させられています。)

倫理上の問題など、物議をかもしだしてはいますが、
これが今まで原因不明で流産を繰り返していた人々にとっての
希望の光となれば、と願うばかりです。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-19 15:59 | 不育症
町会の新年会に行ったときのこと。
二次会に行こう…と盛り上がる人々を尻目に、
私はこっそり帰宅しようとしていました。

が、しかし。

「ぎゃー!?」

町会長にがしっと手をつかまれ、
タクシーの中に放り込まれた瞬間、
無常にも扉がバタンッ!

そして生まれてはじめて、
六本木のスナックに足を踏み入れることになりました。

まるでテレビで見る、ホストクラブかキャバクラを
小さくしたようなつくり。
中央にカラオケのステージ。
テーブルの上にはかわきものの、おつまみ。
次々に(注文していないのに)やってくる水割り。

あげくのはてには、
「町会長の誕生日、ということでドンピンはいりまーす!」
(注:ドンペリピンク)
のコールのもとに英語の曲が流れ、
美しい女性が浪々と歌い上げる中、
その曲にあわせてドンピンを回し飲み…( ̄□ ̄;)!!
しかも歌が終わるまでに飲みきれって… _| ̄|○
生まれてはじめてのドンピンが…ああ…せめてグラスで飲みたかった…。

旦那曰く、「こういう店にしては安いんじゃない」とはいうものの、
7人で一人7500円は大変痛く。(だって我が家は夫婦二人分だから1万5千円…
水割りも一杯も飲んでないし、おつまみだって食べてないのに。とほほ。)
まあでもいい社会勉強になったわ、と自分を慰めながら
終電に乗り込んだのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-17 13:26 | 日常のこと
今、大流行中の株に私も手を出してみよう!というわけで、
まず株を売買するために必要な
「証券会社で口座を開設」に挑戦してみました。

これはとっても簡単で、
自分で「ここだ!」と決めた会社にネットから資料請求を申し込み、
指定の用紙に記入して返送してオワリ、です。

私は口座管理手数料がかからず、
株の売買をする際に手数料が低額な
マルサントレード
及び
イー・トレード証券
に資料を請求しました。

通常、資料は申し込みをしてから5日程度で自宅に送付され、
口座は書類を送付してから10日前後で開設されます。
その口座へ現金を入金したら、
はれてネットで株を購入することができるようになるのです。

私が今狙っている株は
カゴメ
(健康はこれからも注目されていく分野だろうし、個人株主を増やしたいと努力してるから)
コナミ
(ゲーム業界はこれからも伸びていくだろうし、その中で一番安定してそうだから)
ニッコウトラベル
(ご年配むけの高級旅行を提案している会社。これから団塊世代が定年退職して記念旅行に行ったり、景気が良くなったら皆贅沢な旅行をしたりしたがるだろうなー、と将来性をくんで。)
ダイエー
(他がたいてい100株が購入できる最低数なのに対し、ダイエーは50株から購入可で購入しやすい。トップがかわったことだし、これからの頑張りに期待して。)

ただし、これらの株は去年の11月ごろから上がり調子の株ばかりなので
3月の決算期をやりすごしてもう少し値段が下がってから…と思ってます。
しかも予算が少ないのでここにあげた全部の会社の株を買えるわけではなく。
さらに吟味してどの会社の株を購入するか決めたいと思ってます。

本当はロボットを作ってるホンダとか、
携帯のauとかにも興味あるんですけど…高くてとても買えないですヨ…(涙)
[PR]
by okumakoda | 2006-02-15 16:15 |
今日はバレンタインデー、ということで
東京ガス料理教室でガドーショコラとフルーツのグリルを作りました。
d0014636_1495822.jpg

これは先生の作った見本です(^^;
私の作ったものは1ホールお持ち帰りで
粉糖もまだ振っていないのでこちらを掲載。
それに先生のほうが厚みがあって素敵に焼きあがってるので…
私が作ったのはメレンゲの泡を少しつぶしてしまったようで
あんまりふくらまなかったんです(T-T)がくう。

あんまり濃厚すぎず、また軽すぎず、美味しかったし
このケーキは常温で3日、冷蔵だと1週間ももつそうなので
小家族の我が家にはぴったり。
また作りたいなと思いました。
[PR]
by okumakoda | 2006-02-14 14:05 | 料理教室