不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ある方のブログで不育症に関する講演会があるということを知り、
今日表参道まで行ってきました。
講演者は日本医科大学産婦人科学教室主任教授の竹下俊行先生です。
とてもわかりやすく、最新の不育症に関する学会の考え方や治療の傾向などを
教えていただき、参加して良かったと思いました。

今回実感したのは、
本当に『不育症』というのは未だに不明な点が多い未開の分野なんだなーと
いうこと。

勉強して積極的にこういう会に参加したり
不育症外来を探し出して診察を受けたりしている人はまだいいですが、
そうではない人は、
もしかしたら適切な診療が受けられない可能性がある
(不育症についてあまり詳しくない先生のところへ行ってしまい、
「流産は自然淘汰だから仕方ない」とさとされて
検査などを受けずにまた同じ事を繰り返してしまう等)
ということは、本当に怖いことだと思いました。

不育症という言葉が世間に認知され、
どの病院でもある一定のレベルの検査は受けられるようになり、
流産の悲しみを経験する人が少しでも減る世の中に
早くなってほしいです。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-30 16:40 | 不育症
昨晩、3歳~14歳の子供だけで編成されている、
マリンバボニーズという子供達のコンサートを聞きに
池袋の東京芸術劇場大ホールまで行ってきました。
すごいんですよ!
本当にちびっちゃい子たちが
恐ろしい勢いでマリンバ(木琴みたいな楽器です)を
楽譜もみずに叩く、叩く。
マリンバだけでなく、ピアノやドラムも交代交代で弾きこなし、
会場のちょっと年齢層たかめのおじさま、おばさま達は
えらく感激して拍手喝さいをおくっていらっしゃいました。

私は今回、勤め先の先生に「すばらしいから是非行きなさい!」と
言われてチケットを4枚頂いたので、
旦那と近所のご夫妻と4人で行ったのですが、
つきあってくれたご夫妻も楽しんでくれたみたいですし、
私もすごーく、子供達が可愛くて、かつすばらしい音色に癒されて、
とってもとっても良い体験をさせてもらえたと思いました。

今回はスリランカの地震へのチャリティーコンサートということで
マリンバボニーズと親交の深いウィッキーさんがいらして
スリランカへの募金を呼びかけていました。
そのなかで、
「皆さんから頂いた真心が、めぐりめぐっていつか
皆さんのもとへ返ってくると、私は信じています」
とおっしゃってまして、
私も自分のことだけでなく、
今大変な人たちのことも考えて行動するべきだな、と
ちょっと反省しました。
見返りを求めるわけではありませんが、
やはりお互い助け合って生きている、という気持ちを忘れずに
募金などささやかでも気持ちだけでもいいのでしていけば、
自分の中でいろんなことが変わってきて、
何か良い結果につながっていくんじゃないかなあと。

池袋の24時を過ぎても絶えない楽しそうな人たちの人ごみのなかで、
しみじみと思ったのでした。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-30 10:43 | 日常のこと
ギャバ(GABA=ガンマアミノ酸)とは、
ストレスに痛めつけられた脳や神経を癒す
「能力アップ」に必要な栄養成分らしいです。

勤め先のカイロプラティックにも
取引先の社長さんが玄米からつったギャバなるものの
サンプル品を置いていきました。

飲んでみたら、なんと体がすごくあったかくなったんですよ。
冷え性にもいいんですって。

だから今日から毎日飲んでみることにしました!
冷え性が改善されてきたらこのブログでも
そのギャバを紹介したいと思ってます。

ちなみにマカは飲んでもうじき1ヵ月になります。
何か変化がありましたか?といわれると。
低温期に体温があがらなくなった、ということかな?
高温期の体温はですね、まだがくがくしてます。
もしかしたらもう少し飲み続ければ、
高温期の体温も安定するかな~と期待してるところです。

プロアントシアニジンも毎日飲んでいて、
まだ2週間ぐらいかな?ですけど
今のところ目に見えた変化はなしです。

ていうか、ほんとサプリ飲みすぎで
何が効いてて何が効いてないかわからないよ!(笑)

また何か良いサプリがでてきたら
紹介したいと思ってます。
ではでは。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-28 14:12 | 不育症
ABCクッキングスタジオで
きのこのクリームソースリングイネと
カマンベールチーズコロッケ、
生ハムのマリネ、
さつま芋のモンブランを作りました。
先生1人に対し、今回の生徒さんは最大数の5人。
所要時間は約1時間半です。

とっても簡単で超美味しい!
でもパスタもモンブランもこってりしていて
ちょっと胃にもたれちゃいました…。

「簡単だしランチにぴったりでしょ?」

と先生がにこにこ。

いや…先生…私が1人でやるときっとこれ
全部作るのに3時間はかかりますから!(涙)

でも美味しかった♪ので、
近々旦那にも作って食べさせてあげたいなあ。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-27 13:46 | 料理教室
心配して風邪ひきに必要と思われるものを買って
早めに仕事をきりあげて帰ってみたら。

旦那「おかゆはいらない。普通のご飯食べる。」

20分後。

旦那「まだできないの?じゃあご飯いらない。
もう寝る。」

オク「だって20分じゃ高速で炊いてもご飯も炊けないよ。
おかゆならすぐできるから、用意するけど。
食べないと薬飲めないよ?」

旦那「薬もいらない。寝る。」

仕方なく旦那を寝かしつけてから晩ご飯続き。
おかゆにのせようと思っていたシャケを焼き、
身体を暖めてあげようと思って作った
レンコンのはさみ焼きと豚汁完成。

もくもく食べていると旦那が起きてきた。

旦那「やっぱり食べる。おかゆ食べる。」

食べ終わった後、テレビをだらだら見たり
PCで遊ぼうとしたので
無理矢理寝かしつける。

旦那「ならスピリッツ買って来て。
スピリッツ!スピリッツ!」

……ヨーグルトとかプリンとかならまだわかるが、
なんで病人にスピリッツ……そんなの読んでないで、寝ろ!!
と叱ったが、とにかく「スピリッツスピリッツ」と連呼するので
仕方なく着替えて近所のコンビニへ。

スピリッツを買って帰ると旦那は熟睡してました。

……て、オーイ(笑)

ま、病人だから仕方ないか。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-25 23:29 | 旦那
11月の半ばに所属している健康保険組合から補助がでるっていうんで
行列嫌いの旦那が「行ってもいいよ」と珍しくOKを!
というわけで、ディズニーランドに行くことになりました~っ。
おお~!結婚してから一度も行っていないディズニーランド!!
うれしー(^0^)
(年明けにディズニーシーには無理やりつれてってもらったけど)
しかも11月半ばっていったら、クリスマス仕様になってるに違いない♪
恋人時代にも(旦那が行列嫌いだから(--;)1回しか行ったことのない
クリスマス仕様のディズニーランド…!
いまからとっても楽しみなオクでした。
あー、早く11月半ばにならないかなあ。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-25 17:24 | 日常のこと
小さい頃から「女なんて生理もあるし面倒くさいなあ。
男に生まれたかったよ」と思ったことは一度もなかった。

それよりも女に生まれて嬉しかった。
良かったとずっと思っていた。

なぜなら、女は子供を産むことができるから。

子供をいらないという女性を否定するワケではなく、
私はせっかく産める身体なんだから、
その神秘の体験をしてみたくて、
それができる女の身体に生まれることができて
本当に嬉しかったのだ。

数年後、まさか自分が流産を二度も経験し、
子供を産むことができないのかもしれないという恐怖に
涙することなど知らずに。

なんでなんだろう。

なんのために流産しなければならなかったんだろう。

私はそれほど悪い人間なのか。

何を悔い改めれば子供を産めるようになるんだろう。

私のどこが、妊娠して出産できている人たちと違うんだろう。

確かに流産しなければ
同じような苦しみに、そして
身を切り裂かれるような痛みに耐えている人たちのことを
知るどころか気づくこともなく生涯を終えていただろう。

でも、どこまで―――一体どこまで
涙を流せば。

どこまで苦しめば。

どこまで悲しめば。

どこまで行けば。

赤ちゃんを産むことが、
できるようになるのかなあ―――と。



秋の夜長にちょっとセンチメンタルになってしまった、
オクでした。


ええい、絶対絶対、あきらめないんだから~!!
[PR]
by okumakoda | 2005-10-24 21:21 | 不育症

体温について

マカを飲んだおかげか、
低温期に体温が高温になるというのは免れたんですが。
(マカにはホルモンバランスを整える働きがあって、
ホルモンが体温を低温期にさげる働きをしているらしいので、
たぶんマカのおかげで今回低温期が安定していたのではないかと推測)
高温期に体温が安定していないんです…。

いや、生理から数えて15日目に体温が37度まであがったんですが、
翌日に36.5にさがったんですよ~。
一応、そのあとは36.7台をキープしているので
大丈夫だとは思うのですが。

このまま体温が安定してくれてるといいなあ。

それで、あわよくば妊娠してくれてるといいなあ…

とまた宝くじを手にしたような気持ちで
今から10日後を待ち構えている、オクなのでした。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-23 17:35 | 不育症

ABCでみつあみパン。

本当に久しぶりにABCでパンを作ってきました!
今日は中級コースの2回目のパン。
生地を3つにわけて細長くのばし、3つあみして
はじっこどうしをくっつけて円形にして焼くパンです。
最後にアイシングをしてできあがり。

焼けたあと、あまりに良い匂いがしてたまらなかったので、
帰宅後速攻でむしゃむしゃ食べてしまいました。
(といっても勿論ひとかけらだけだけど。
だって中級から粉の量が250グラムに増えたんだもん…。
ものすごい大きいし、旦那は甘いの好きじゃないし、
うーん、どうしよう、これ…)

そして今日はなんと!
お土産にパスタ2種類と、お酒と紅茶をもらっちゃいました♪
パスタ2種類、助かるわ~!(←貧乏くさい)
ABCはこういう試供品をくれるところも好きです(笑)

でもやっぱりパン作りはストレス解消になりますな。
あーあ、お金があったら上級まで申し込みたいのに。
うう、お金が欲しい…。
(でもそれ以上に赤ちゃんが欲しい!…と訴えてみる)
[PR]
by okumakoda | 2005-10-20 18:35 | 料理教室
今日はちょうど1年前に流産した子の一周忌だったので
お参りに行ってきました。
一人目の子のときにも行った、
東京都港区の増上寺です。

ここはほぼ毎日11時からと14時から、水子供養をしてくれます。
予約は必要ありません。
(ただし何か行事がはいってしまってやることのできない日があるので、
行きたい場合は事前に電話で問い合わせをしたほうが良いです)
お供養代は1万円で、お坊さんがお経をあげてださいます。

久々に子供たちのことを思って思いっきり泣いたら
少し気分が浮上してきました。
お参りに行ってよかったなと思いました。

私はこの他にメールで供養を受け付けてくれる
春名寺にもお供養をお願いしています。
このお寺は直接お参りに行くことはできないのですが、
メールに思っていること、辛いこと、悲しいことを書いて送ると
とても丁寧親切なメールがかえってきます。
法要も1回きりではなく、きちんと一周忌、3回忌、など
通常と同じように行ってくださいます。
私のところにも、昨日二人の子の一周忌と3回忌を
明日やりますよ、というメールが届きました。
(でも申し込みが多いらしく、最初にお供養を申し込んでから
メールがかえってくるまでに少し時間がかかります)
HPを読むだけでも心が癒されます。
お供養代も、きまっていないので気持ちを銀行口座にふりこむ、という形を
とられてます。




ああ、どうか。
たくさんの生まれることのできなかった赤ちゃんたちが、
天国で幸せになれますように。
私の子供達と、友達になってくれますように。
私の子供達もたくさんの友達と一緒に
天国で幸せになれますように。
[PR]
by okumakoda | 2005-10-19 13:43 | 不育症