不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:旦那( 24 )

うちは、旦那がとりあえず全てのドラマを
録画して見ているので、
旦那が「面白いよ」と言うドラマだけを
私はあとから見るようにしています。
(本とドラマに関しては、
旦那と趣味があうようなので)

前クールは「風林火山」。
(これは今も継続中)
今クールは、これだ!というものはなかったようですが、
「セクシーボイスアンドロボ」が
まあ面白いかな?というので
見てみました。

漫画が原作のドラマで、
女好き、ロボットおたくのサラリーマン、ロボと
耳がものすごくよくて、一度声を聞いたから忘れない、
人ごみの中からでもその声をひろえて、
かつ7色の声を操る女子中学生、ニコが
いろいろな事件に巻き込まれる話。

「これは現実的にありえないだろう」
という展開が結構もりだくさんではありますが、
毎回いいせりふがたくさんあって、
泣いてしまいます。

1回目では、ニコがロボに
「ロボを信用していないわけではなくて、
ただ、全部話したらロボに迷惑がかかるし、
面倒なことにまきこまれるのは
ロボが嫌がると思って」
と言ったのに対し、
ロボが泣きながら
「子供が大人にそんな気を使うな!」
と叱りつけたシーン。
「大人だって確かにいろいろ大変だけど、
そんなふうに子供が
大人に対して気を使うなんて悲しすぎるだろう。」
とロボは大声をあげて泣いていました。

そして最後の、
「人は人とかかわらなくては
生きていけない。
だから係わり合いになる
その一歩を
ためらうのではなく
覚悟をする必要があるんだ」
というニコの台詞。

第3話の最後の
「人を動かす魔法の電池の原動力は、
きっと『ありがとう』という言葉だ。」
というニコの台詞。

見終わったあとに、
毎回必ず目が覚めた気持ちになる、
現実感やときめき(笑)はないけれど、
お勧めのドラマなのです。
[PR]
by okumakoda | 2007-05-01 17:12 | 旦那

クリスマスプレゼント

マタニティウェアを只今ヤフオクでゲットするようになってから、
今まで苦手だったオークションへの抵抗感が
すっかり少なくなった私。

旦那へのクリスマスプレゼントも
オークションで手に入れちゃおう!と画策し、
とうとう某ブランドものの財布をゲットしました。
もちろん新品で本物です。
安かったといっても、そんなに「わー、お得♪」
ともろでをあげるほどの値段でもありませんでしたが、
まあデパートで買うよりは安くてにれられたので
よしとしよう!

結婚してからクリスマスにお互いにプレゼントを贈ることは
悲しいかな、なくなってしまっているので
旦那から今回何かをもらえるってことはないと思いますが、
でも私はなんだか今年は旦那へ感謝したくなったので
一方的にプレゼントを渡したいと思います(笑)

当日は東京ガスでケーキを作る予定。
で、去年ABCで習ったピザを焼いて、
から揚げとシーザーサラダでいいかな。
2人ですごすのは最後のクリスマス。
結婚してから「クリスマスが楽しみ」と思うことはなくなっていたのですが、
今年はなんだかやけに楽しみに感じている、オクなのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-12-19 16:42 | 旦那

今朝の笑いのツボ。

明け方に仕事から帰宅、
まだ眠っている旦那を起こさないように
仕事に行こうとしたが、
毛布をはいでいたので
かけなおしてあげたところ、
うっすらと目覚めた模様。

旦那「まるこ~、まるこ~」
(↑旦那は私のことをこう呼ぶ。
由来は旦那曰く、「性格もみかけもちびまるこちゃんとそっくりだから」
3●歳にもなって、小学3年生と同レベル…?)

オク「何よ?」

旦那「…んつー。」

オク「ん?」

旦那「ぱんつが…ない…」

そう、洗濯物をたたんだのはいいのですが、
しまい忘れていたために、
旦那のパンツが1枚もなかったらしいのです。

旦那はそれだけ主張すると、
再び夢の中へ。

旦那には悪いですが、
一人で笑いのつぼにはまりまくって
笑いこけてしまいました(笑)

だって寝ぼけながら「パンツがない」と一生懸命
主張してる旦那が、可愛くて!(←馬鹿)

もう36歳なのにね。朝からパンツなんて寝言言うなんて、
可哀想にね。プププ。(←お前のせいだろ)

というわけで、今朝の笑いのツボ報告でした。
あー、面白かった!(←お前一人がな…)
[PR]
by okumakoda | 2006-11-17 11:58 | 旦那

ある意味わかりやすい。

うちの旦那はわかりにくい人だと思っていましたが、
最近、いや、ある意味わかりやすいかも?と
思うようになりました。

1.興味を持つとなんでも調べずにはいられない
→仕事で忙しいはずなのに、
昨日私と話した「妊婦は魚を食べても大丈夫なのか?」
ということが気になって仕方かなったらしく、
仕事中にネットで調べたらしい。
0時過ぎに帰ってくるなり、
開口一番「マグロとか大きい魚はだめだけど、
さんまとかししゃもとかは積極的にとったほうがいいらしい。
今の時期はとくに積極的にとったほうがいいらしい。
あとは出産3ヶ月前ぐらいから積極的にとると
出産が楽になるんだって」
と調査結果を意気揚々と私に報告してきた。

2.嘘をつくときは口調が固くなり、
サービス精神が旺盛になる。
→禁煙したはずなのに、旦那が以前吸っていた銘柄のタバコが
玄関に落ちていたので、
それをこっそり目立つところにおいておいた。
そうしたら、次の日それがなくなっていた。
数日後、わざとらしく「玄関にタバコが落ちてたんだけど、
気がついたらなくなってた」
と口すると、旦那はあからさまに口調を固くして
「不思議だね。なんでだろうね」(←お前が隠したんだろ…)と言い、
「そんなことより早く寝たほうがいいよ。お休みのチュー!」
と、いつもキスなんてしない、求めても断固拒否する旦那が自らチュー…。

ほんと、ある意味わかりやすいよ、あなた…。
[PR]
by okumakoda | 2006-11-16 11:27 | 旦那

価値観の相違。

よく、離婚の原因に「価値観の相違で…」と
いう理由を聞きますが、
私はこれの意味がよくわかりませんでした。
それが、先日旦那とちょっとした言い合いをしたときに
はっきりとわかったのです!
以下、その経緯。

私が今のパート先に以前同じ会社で働いていた
後輩の子を紹介し、
その子が仕事に慣れてきたらやめよう、と思っている話をしたところ、

旦那「え?仕事は通う日と時間を減らすだけで、
やめないんじゃないの?」

オク「え?だって体大事にしたいし、あまり無理しないほうがいいと思って。
だから12月で辞めるつもりでいたんだけど…。
じゃあ、いつごろまで働いたほうがいいと思ってるの?」

旦那「出産直前ぐらいまでかな?
それで、生まれて半年ぐらいで
また働き出すだろ?」

オク「……は!?」

生まれる直前まで働くのはまあ、よしとしても、
なんで生まれて半年でもう働きに!?

そこまで我が家の経済状況は圧迫していないはずですが、
あなたはそんなに私にお金を稼がせたいのですか?

と、久々にカッチーンときました。
だって生まれて半年…
最低でも1年ぐらいは赤ちゃんと一緒にいたいし、
早々に保育園にいれるのは、私は嫌なのに!

そこで思ったことをぎゃーぎゃーわめきたてると、
旦那は呆れ顔でこう一言。

旦那「お前って本当に考え方が
ネガティブだよなあ」

オク「……。」

これには言葉を失い、思わず泣き出しそうに
なってしまいました。
一生懸命明るく元気に楽しく生きようと努力してるつもりなのに、
この一言でその努力のすべてを否定されて、
お前は結局変われていないんだと言われたような気がしたのです。

しかし、気持ちを押さえ込んで
旦那がなぜそう思うのかを聞いてみたところ、
今回判明した「価値観の相違」というものが
どういうものであるのかが、わかったのです。

旦那の「仕事」に関する考え
→お金を稼ぐためだけでなく、
気晴らしや暇つぶしにもなるもの。

オクの「仕事」に関する考え
→あくまでお金を稼ぐための行為。
気晴らしや暇つぶしにはけしてならない。

旦那は、私の性格を考え、
またゆららが病気になったときの私の対応
(思いつめ、一人で動揺し、とにかく病院に行きまくる)
を見て、「オクと赤ちゃんを二人きりにしておくと、
オクが育児に対して思いつめてストレスを感じてしまう」
と判断したらしいのです。
そこで、「気晴らしに早々に仕事をしたほうがいい」
と思ったとのこと。

しかし、私にとって仕事は「気晴らしにはならない」もの。
そこで旦那に「赤ちゃんが生まれて半年で働け」と言われたときに、
即座に「なんでそこまでしてお金をかせがなきゃならないのか」と思ってしまい、
ストレスを感じた、というわけです。

う~ん、価値観の相違って面白い。

というわけで、仕事はしばらく辞めないことになりました。
本当は私は家にいるのが大好きなタイプ(出不精)なので
家でのんびりしたいなあと思っていたのですが、
旦那に心配かけても申し訳ないし、
赤ちゃんが生まれたらしばらくは働きには出られないと思うので
今のうちに稼いでおくか!と。
(そう、いくら旦那の意見でも、生まれて半年で働きには
絶対にでないわよ!)
これで仕事が楽しくて、やりがいを感じていたら
また話は別なんでしょうけどね。
[PR]
by okumakoda | 2006-11-11 09:22 | 旦那
昨日は旦那と一緒に南船橋のIKEAに行ってきました。
近くのららぽ~とにも行きましたが、
お店がたくさんありすぎて、どこを見たらいいのやら(笑)
ららぽ~とといえば10月5日に豊洲店ができるので
楽しみにしてます。
船橋よりは近いから、通っちゃうかも。
というか、その中のお店に転職しちゃおうかな!
とかもくろんでたり(笑)
でも年齢が年齢だから、やとってもらえなかったら
どうしよう!(笑)

さてさて、遠方なのにバイクでいったせいもあり、
旦那はぐったり疲労気味。
そんな関係もあったのか、
また妊娠に関する方針について
言い争いになってしまいました。

旦那曰く、
「漢方も鍼灸もやっていない状態で
前回妊娠できたんだから、
今、その状態に戻すべき」

きゃ!ついにほりけん先生とまで
縁をきれと提案されてしまったわ~!(汗)

「でも前回のときは、
趣味で太極拳やってたし、
鍼灸も受けてたもん」

と反論すると、
「じゃあ別にそれはいいけど」
と許可がおりました。ほっ。

「とにかく、お前の今の状況は
なんにでも手を出しては
空回りしてうまくいってないように見える。
だから原点に戻って、
全部やめろ。
それでだめだったら
あらためて漢方なり、鍼灸なり、始めればいいだろう」

そしてきっぱり「それと俺は東洋医学は信じてないから」
と言われてしまいました。

タイミングをみるために通っている
Kクリニックに関しては、
「お前が通う必要があると思うなら
通えばいいし、
通う必要がないと思うなら
行かなければいい。

本当に自分にとって必要なのか
必要じゃないのか、
おまえ自身が冷静に客観的によく考えろ。
焦る必要なんてないだろう?」

とのこと。

最後の発言って、以前オーラソーマカラーセラピーの
セラピストさんに言われたこととほぼ同じ。

他人に意見を聞くのではなく、
自分がどう思うか、どう感じるか、
本当に自分に必要なものなのか
自分自身で考えろ、というアドバイスを
続けて2回も頂いてしまうとは…

つまりはそれだけ今の私に必要なことだって
いうことなんでしょう。

それから、セラピストさんに
「妊娠できない自分に依存している」
とも言われたのですが、
今回旦那と話しているうちに
そんな自分を実感してしまいました。

ずばり言ってしまえば、妊娠できない自分を理由にして
周囲に甘えているんですね、私は。
「こんなに頑張っているんだからしょうがない」
「病気なんだから仕方ない」
「だから許されていいはずだ」
と甘える理由をみつけて喜んで甘えているんです。

そのくせ生理がくるたびにしくしく泣いてるなんて、
なんてずうずうしいというか、
ほんとオバカだよなあ…。

よし、変わるぞ!
ていうか、今変わらずにいつ変わるの!
というより、もう変わりたい…!!
こんな自分はやめにしたい。

今までの他人の意見ばかり伺ってきた自分はもうヤメ!
病気を理由に周囲に勝手に甘えてる自分ももうヤメ!

ドジでも、とろくてもいいから、
自分から逃げない自分でありたい。

今、この瞬間から頑張ろう!
[PR]
by okumakoda | 2006-09-25 13:50 | 旦那

私って変態?(笑)

私は旦那の匂いが好きです。
旦那が普段家にいないせいか、
「ぎゅー!」だの「ちゅー!」だの
叫びながら旦那に恐ろしい勢いでむかっていき、
そのたびに「ヤメロ!」とはねのけられてOR殴られています。
(のだめカンタービレののだめちゃんが他人と思えません。)
こんな私は変態でしょうか?(笑)

今日も旦那が明け方に家に帰ってきて、
久しぶりに直接会って話ができたので
嬉しくてとびついたら逃げられて
扉に鍵をかけられてしまいました。
もしかして…避けられてる!?(笑)

でも、今日は旦那に会えて嬉しかったです。
明日もまた会えるといいな。
[PR]
by okumakoda | 2006-09-20 18:54 | 旦那

ショック!中毒(笑)

一週間ぐらいネット落ちしてました、オクです。
その間に大変なことが起こりました!
というか、起こしました、私が(笑)

そう…あれは一週間前の金曜日のこと。
消費期限が午前0時できれる刺身を、
大丈夫だろうとたかをくくって
午前4時に帰ってきた旦那に食べさせたのです。

……見事にあたりました。

おかげで旦那は、せっかくの宮神輿をかつぐことができないばかりか、
5日間ほど腹痛と下痢で苦しんだ挙句、
抵抗力が落ちて
蕁麻疹にまでかかる始末に…。

「かゆいよう」

とベットで暴れる旦那、
なのに締め切り前なので毎日仕事で午前様の旦那。


か、かわいそう……!!(T0T)(←て、お前が原因ダロ)

ちなみに私は「体が冷えるから」という理由で
刺身は食べず、食中毒にはなりませんでした。

そんなふうに私に苦しめられたのにも関わらず、
私を責めることなく、怒ることのない旦那に、
「禁煙する」と約束したくせに相変わらずズボンのぽっけから
ライターがでてくることなんて、気にしちゃいけないわ、と
自分に言い聞かせる私。

ちなみにもうだいぶよくなりましたが、
来週末、旦那は仕事で神戸に行くことになった、と
私に告げてきました。
金曜日から泊まりで、土曜日遅くに帰ってくるそう。
で、神戸で仕事なのに何故か宿泊地は大阪。
それをしゃべってるときの旦那はなぜか饒舌で、
その前後はやけに私に優しい。

この感じは……禁煙がばれそうになったときの
旦那に……似てる!!

というわけで旦那は私に隠し事をしている模様。
食中毒に続き、我が家の夏の騒動は
まだまだ終わりそうにない感じです。ふう。
[PR]
by okumakoda | 2006-08-20 15:12 | 旦那
今週末、車を借りてドライブしたかったのですが
あいにく、夏休み中ということもあって
どこのレンタルカーやさんも車がない状態。

そこでバイクでタンデムドライブしてきたのですが、
バイクって振動が結構直に下半身に響くんですよね~。
注射うったり薬のんだり病院通ったりしているのに
この時期にがんがんゆれるバイクになんて
乗っていいのかしら(^^;

と思いつつも
高速に乗ってひた走ること1時間。
江ノ島に近い腰越港の
地魚料理池田丸さんに到着。
腰越港ってしらすが有名なんですよね。
今の時期は生しらすが食べられるそうなので、
美味しいと評判のお店をネットで調べていってきました。
でも道路の渋滞で車だったらオーダーストップの14時半に
間に合わなかったかも(^^;やっぱりバイクで行ってよかったかな。

私はシラス定食、旦那は刺身定食をオーダーし、
新鮮な海の幸に舌鼓。
美味しかった♪いってよかった、と思いました。
海にはまだ海水浴客はすくないものの、
サーファーさんがたくさんいて、
私も砂浜でちょっと遊びたいな~と思いましたが、
お店についた直後から旦那の機嫌がなぜか最悪に。

「もうとっとと帰りたい」

と何度も口にして、
海で遊ぶどころではありませんでした。
もちろん、炎天下の中バイクをずっと運転してつかれたというのもあるのでしょうが、
それにしたって不思議なくらいの機嫌の悪さ。
結婚前にデートで鎌倉にきたときも
腰痛を訴えて「早く帰りたい」と連呼してたっけ。
よっぽどこのあたりとは気が合わないのか、
それとも何か嫌な思い出があるのでしょうか(^^;

海で遊ぶのはあきらめて帰路へ。
旦那の機嫌の悪さからこのまま家まで直行かなと思ったのですが、
江ノ島を離れたら機嫌がなおったらしく、
横浜中華街へ寄り道。
私の大好きなプリンタルトを大珍楼さんで、
甘栗を聘珍楼で購入。
プリンタルト、大好きなのですが
あんまり売ってるのをみかけないんですよね。
大珍楼さんのは1個100円でお値段もお手ごろ。
甘さもそんなに強くなく、美味しいのデス。
聘珍楼は甘栗で有名なわけではないのですが、
この近くに住む旦那のいとこが
「栗だけは回転の速い大きな店で買ったほうがいい。
じゃないと、古い栗がまざってることがあるから」と
アドバイスしてくれたので、以来そうしてます。
ちなみに私は中華街で肉まんといえば
華正楼。
ここのが一番美味しいと思います♪

そして夜はお台場でイタリアン。
…と書くとかっこいいのですが、
1日の予算の都合上、お台場のファミレスです(笑)
本当はラーメン国技館に行きたかったのですが、
激しく混雑していたため、行列嫌いの旦那に却下されてしまいました。

そして帰宅後、ゆららの散歩。
しかも1時間…疲労困憊です!

ちなみに今回シラスを食べるのに参考にさせてもらったサイトは
こちらの「横浜発!おいしいもの!」といブログさんです。
おいしいものを食べるのが大好きなご夫婦のブログらしいのですが、
こういう趣味があう夫婦っていうのも素敵だな~と思いました(^0^)
[PR]
by okumakoda | 2006-08-01 14:04 | 旦那
旦那は1月にインフルエンザにかかり、
それ以来タバコをやめていました。

しかし、「禁煙できたら100万あげる」
といっていたうちの母親に
3月ぐらいまでは
「早くくださいよ~」と笑いながら催促していたのに、
最近「いや、いいですよ」と遠慮するようになったこと、

電話で話していると
ときどき会話の途中に
「ふー」というあきらかにタバコの煙を
口から吐き出す音がしていたこと、

シャツもタバコくさいし、
バックの中に空になったタバコの紙ケースが
はいっていたりしたことから、

「もしかしたら隠れてすっているのかも」

と思いました。
そこで確認したのですが、

旦那「すってないよ」

と言うので、旦那を疑うのも悪いな、
すってないというなら、すってないんだろう、
と旦那を信じることにしたのです。

ところが。

土曜の朝、眼が覚めると旦那がいない。
早起きだな、と思ってリビングへいくと…

ベランダで旦那がタバコをすっていました。

その後の旦那の一言がすごいです。

旦那「すってないよ」

いや、あなた吸ってますから。
あきらかに現場を押さえられてるのに、
なんで今更そんな嘘がつけるのですか?

しかもそのあと、
「うそつき、信じてたのに!」と涙ぐむ私を正論でやっつけます。

旦那の正論*要約
「俺はお前に『タバコをやめる』とは言っていない。
だからタバコをすい始めたとしても
それをお前に報告する理由がない」

というわけで、旦那は私に嘘をついていないと言い張るのです。
恐ろしい人です。

しかも、あまりに私が泣くので
「もうこれからは禁煙する」と言った翌日の日曜の夜、
私がお風呂からあがると
またベランダにいて、
私がリビングにはいってきたのを見るやいなや
焦り始めたのです。

さっと近づくと、タバコのにおい。

オク「もう吸わないって、昨日の朝約束したのに!」
旦那「だから吸ってない。匂いを楽しんでただけだよ!」

こんの馬鹿者がー!!!!

この瞬間、星飛馬のお父さんの気持ちが
よくわかりました。
私も近くにちゃぶ台があったら、
ひっくりかえして投げ飛ばしてました。

今回一番悲しかったのは、
タバコを旦那がやめたことを
私がすごく喜んでいるのを知っているのに、
その旦那が隠れてタバコを吸っていたことが発覚した後、
旦那が「ごめんね、禁煙していたのを喜んでくれてたのに
吸っちゃって。でもやっぱりタバコやめられないんだよ」
と一言もいわず、
終始「お前に禁煙すると言っていないから、
タバコを吸ったとしても俺が嘘をついていたことにはならない」
と自己弁護を続けたことです。

傷ついた私を思いやるのではなく、
自分の正当性を守ることだけに旦那が一生懸命になったことです。

今の気持ちを一言であらわすなら、

「あーあ、がっかり」

なのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-07-03 12:01 | 旦那