不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

不育症特集(イブニングファイブ)

じゅんりんさんのブログ
不育症がニュースで取り上げられるとのことを知って
昨日見ました。
(内容については、じゅんりんさんがブログで詳しく、
とてもわかりやすく
書かれているので私は割愛します)

確か1年ぐらい前に、
日本テレビの夕方のニュース番組「今日の出来事」でも
不育症について報道されていて、
そのときは不育症とは何かという説明、
患者さんのインタビュー、
NPO法人ハードビートクラブの代表さんのインタビュー、
そしてTK大のS先生の不育症に対する見解、
というのが主な内容でした。

今回は名古屋のJ病院のA先生のインタビュー、
J病院での取り組み、
不育症患者さん2名へのインタビュー、
というのが主な内容。

どちらの報道をみても共通して感じられるのが、
「不育症という病気への、医療関係者の認知度の低さ」
でした。
ええい、産科婦人科の先生は
みんなS先生が出した本を読めー!!
もしくは大学の医学部のすべての教科書に
必ず不育症についてのせて、
試験にだせえええ~!!
…と、思いました。

国は少子化を問題視するくせに、
現状をまったく理解していない。
不育症とは別ですが、先日ニュース番組で
過酷な産科医師の現状についても報道されていました。
NICUなどがある病院など
50数箇所の病院に取材した結果、
36時間勤務が当たり前で、
いつ医療事故がおきても
おかしくないのが現状なんだそうです。
圧倒的な人手不足に悩む現場。
少子化問題、考えなければならないのは
まず医療の現場についてなのでは?
と思いました。

ちなみに今回初めてA先生のお顔を拝見できて、
皆さんが頼りにしてるA先生ってこういう方なんだと
思わず「これからも頑張ってください!」と
テレビにむかって拝んでみたり。

それともうひとつだけ。

不育症の説明がすごく簡単で
取材を受けた方の流産原因が
抗リン脂質抗体にあるとテロップにはでたのに
では抗リン脂質抗体ってなんなの?
という説明がとっても簡潔だったため、
不育症に対する知識がある人がみたら
別になんとも思いませんが、
その後にストレスが前面におしだされて
不育症について説明されていたため、
ストレスを感じすぎると不育症ってなるものなのかな?
と見ていて誤解した人がいたのでは?と
思ってしまいました。
もうちょっと医学的に詳しく、
不育症について説明してくれてるとよかったなあ。
私たちが得たいのは同情じゃなくて、
不育症に関する医学関係者、周囲の理解だと思うので。

ちなみに前の特集も、今回の特集も
プレステにですが録画しました。
見たい人も大勢いるだろうし、
これってネットで配信できないのかなあ。
でも勝手にそんなことしたら著作権で訴えられちゃうかしら?(^^;
[PR]
by okumakoda | 2007-04-20 11:41 | 不育症