不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

価値観の相違。

よく、離婚の原因に「価値観の相違で…」と
いう理由を聞きますが、
私はこれの意味がよくわかりませんでした。
それが、先日旦那とちょっとした言い合いをしたときに
はっきりとわかったのです!
以下、その経緯。

私が今のパート先に以前同じ会社で働いていた
後輩の子を紹介し、
その子が仕事に慣れてきたらやめよう、と思っている話をしたところ、

旦那「え?仕事は通う日と時間を減らすだけで、
やめないんじゃないの?」

オク「え?だって体大事にしたいし、あまり無理しないほうがいいと思って。
だから12月で辞めるつもりでいたんだけど…。
じゃあ、いつごろまで働いたほうがいいと思ってるの?」

旦那「出産直前ぐらいまでかな?
それで、生まれて半年ぐらいで
また働き出すだろ?」

オク「……は!?」

生まれる直前まで働くのはまあ、よしとしても、
なんで生まれて半年でもう働きに!?

そこまで我が家の経済状況は圧迫していないはずですが、
あなたはそんなに私にお金を稼がせたいのですか?

と、久々にカッチーンときました。
だって生まれて半年…
最低でも1年ぐらいは赤ちゃんと一緒にいたいし、
早々に保育園にいれるのは、私は嫌なのに!

そこで思ったことをぎゃーぎゃーわめきたてると、
旦那は呆れ顔でこう一言。

旦那「お前って本当に考え方が
ネガティブだよなあ」

オク「……。」

これには言葉を失い、思わず泣き出しそうに
なってしまいました。
一生懸命明るく元気に楽しく生きようと努力してるつもりなのに、
この一言でその努力のすべてを否定されて、
お前は結局変われていないんだと言われたような気がしたのです。

しかし、気持ちを押さえ込んで
旦那がなぜそう思うのかを聞いてみたところ、
今回判明した「価値観の相違」というものが
どういうものであるのかが、わかったのです。

旦那の「仕事」に関する考え
→お金を稼ぐためだけでなく、
気晴らしや暇つぶしにもなるもの。

オクの「仕事」に関する考え
→あくまでお金を稼ぐための行為。
気晴らしや暇つぶしにはけしてならない。

旦那は、私の性格を考え、
またゆららが病気になったときの私の対応
(思いつめ、一人で動揺し、とにかく病院に行きまくる)
を見て、「オクと赤ちゃんを二人きりにしておくと、
オクが育児に対して思いつめてストレスを感じてしまう」
と判断したらしいのです。
そこで、「気晴らしに早々に仕事をしたほうがいい」
と思ったとのこと。

しかし、私にとって仕事は「気晴らしにはならない」もの。
そこで旦那に「赤ちゃんが生まれて半年で働け」と言われたときに、
即座に「なんでそこまでしてお金をかせがなきゃならないのか」と思ってしまい、
ストレスを感じた、というわけです。

う~ん、価値観の相違って面白い。

というわけで、仕事はしばらく辞めないことになりました。
本当は私は家にいるのが大好きなタイプ(出不精)なので
家でのんびりしたいなあと思っていたのですが、
旦那に心配かけても申し訳ないし、
赤ちゃんが生まれたらしばらくは働きには出られないと思うので
今のうちに稼いでおくか!と。
(そう、いくら旦那の意見でも、生まれて半年で働きには
絶対にでないわよ!)
これで仕事が楽しくて、やりがいを感じていたら
また話は別なんでしょうけどね。
[PR]
by okumakoda | 2006-11-11 09:22 | 旦那