不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

親孝行って。

私は私の両親と旦那の両親に孫を抱かせてあげたいな、
それが最高の親孝行だよな、と思っていました。
またずっと前から、両親が他界したら絶対に嫌だ、
自分は親よりも先に死にたいと思っていました。

しかし昨日気がついたのですが、
私が今望んでいることは
親孝行でもなんでもないですね。

孫を抱かせてあげるよりも、
親よりも先に逝かないことのほうが
よっぽど親孝行です。

私だって息子や娘が自分より
先に逝ってしまったら辛い。
自分可愛さのあまり、
両親がもしその辛さを味わうことになったら…ということを
全く考えていませんでした。
(勿論、不可抗力ということもあるし、
今後どうなるかはわかりませんが、
自分の「傷つきたくない」という思いだけで
両親より先に逝くことを望むことは
親不孝だということに、
やっと気がつけたという話です)


小さい頃は、何も考えず
親に守られて
ひたすら楽しく生きていました。

あの頃に戻りたいと思うこともあります。
(ええ、とても頻繁に(笑))

でも、あの頃はけして見えなかったものを
今私は手にしている。
それは甘いだけじゃなく
ときにすっぱかったり、
苦かったり、
辛かったりするけど、
でもその分とても味わい深い…。

そしてそれを自覚した今、
とても大切な何かが自分の中に生まれた気がする。

これが大人になるってことなのかなあ…
(なんて、もう30をとっくに越えた女の言う台詞としては、
遅すぎ?(笑))
[PR]
by okumakoda | 2006-10-02 15:36 | 日常のこと