不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オーラソーマカラーセラピー

オーラソーマ、と入力しようとして
うっかり「オラー」と打ってしまい、
ツボにはいって一人でPC前であやしく笑ってしまったオクです。

こんにちは。

ええと、オーラ写真というものを撮りにいってから
気になっていた「オーラソーマカラーセラピー」
というのをうけてきました。

このブログも随分神秘的分野の話が多くなってきて、
ひかれてしまわないかと心配です(笑)

神秘的分野とはいえど、
オーラソーマカラーセラピーというのは
綺麗な色の104本のボトルから4本、
自分が「気になる」と思うボトルを選び、
選んだボトルから
その人の本質、課題、今の状況、未来を
よみとっていく、というものなので
そんなにあやしくはないのですヨ。

私が受けたのは、
白金台にある素敵なマンションの1室で
オーラソーマカラーセラピストさんとマンツーマンで
70分過ごし、さらに25mlのボトルがついて
1万2千円(初回のみ千円割引)のコース。
ちょっとお高いですが、25mlのボトルは約3千円するし、
お店の一角で、他人の気配を感じながら
身の上話をする…というよりは
セラピストさん以外は誰もいないほうが話もしやすいな、と思い
申し込んでみました。

ネットで無料リーディングというのもできるので
事前にやってみたのですが
やはりネットでみるのと実際にみるのとでは
全然ボトルの印象が違いまして、
ネットで選んだのは一個も選びませんでした。
しかも、あとで実際私が選んだボトルを
ネットで確認してみたら、
「ネットじゃ絶対選ばない」と思うようなボトルばかりだったので
ちょっと驚きました。

(ちなみにネットリーディングに興味がある方は
コチラをどうぞ。
これは一例であり、私がカラーセラピーを受けたお店ではありません。
ここ以外にもネットで「オーラソーマ」とか検索すると
無料ネットリーディングサイトさんにけっこうひっかかります。)

で、私が選んだボトルをもとに
セラピストさんとお話したわけですが。

まず本質については、
「もともと自己主張の強いタイプの人」
とのこと。
「まず自分ありき、で自分がどう思うか
どう感じるかで物事を判断するべきなのに、
今それが全くできていない」ようです。

確かに私はとにかくひたすら
「他人の意見を伺う」ことがすき。

漢方もサプリも今まで妊娠にいいと言われて挑戦してきたものは、
全て「誰かが効果があるっていってたから」で選び、
かつ自分に効果が認められなくても「効果がでた人がいるから」で
ずるずる続けていました。
もちろんそれだけではなく、
レストランにはいるときも、どこかへでかけるときも、
たいてい「どこ行く?」と聞き、行きたくない場所でも
その人が行きたいなら、とつきあうのがすき。

でもそれより、自分が行きたいところを探して調べて計画をたてて…
としていたときのほうが、確かに楽しかったなあ。
OL時代に海外旅行行ったときとか。

他人に聞いて、他人がいいと言うものはいいと思って…
というのは自分に自信がないから。そして楽だから。
本当は自己主張したいのに
(自分の価値観、判断を信用したいのに)
今までは眼をそむけて生きていたようです。

おかげで、セラピストさんに2本目に選んだボトルをしめされて、
「ほら、このボトルはあなたが今
そんな現状に対して『がっかり』していることを
示していますよ」
といわれてしまいました。

「もっと自分を知ろうとしてください。
そして他人がこうしたいと言っているから、ではなく
自分はどうしたいのかを考えるようにしたほうがいい。
貴方の場合は、今意識が外へ外へとむかっているけど、
本来の資質は『まず自分ありき』の人なんだから、
意識を内側へ向けたほうがいいんです。」

自分を知る、自分を信じるって難しくて、辛いことで、
そもそもどうしたらいいのかわからない。

そう訴えた私に、
セラピストさんは笑いながらこう言いました。

「1日2日で自分を理解できる人なんていないですよ。
それどころか、一生かかっても無理です。
自分を知ることって確かに一番難しいことですけど、
それは貴方だけがそうなわけではなく、
皆そうなんです。同じなんですよ。」

このとき、ふっと思いました。
「一生をかけて自分を知る」ということ。
それってもしかして…今までずっと難しくて辛いことだと思ってきたけど、
そんなことはなくて。
むしろ楽しい、面白いことなんじゃないのかしら…?

「毎日ね、小さなことに感動してください。
幸せとか、楽しい気持ちとか、
あんまり感じていなくても
言葉に出して『おいしい!』『嬉しい!』『楽しい!』『幸せ!』って
言ってみてください。
それから物事を『良い』『悪い』で判断しないこと。
それが自分にとって『楽しい』ことなのか『楽しくない』ことなのかで
判断するように心がけてみてください」

そして妊娠のことについては、
「妊娠」そして「妊娠できない私」に今しがみついて依存している状態なので、
一度手放してあげたほうがいいのでは?
というアドバイスを頂きました。

あきらめる、というわけではなく、
ぎゅっとしがみついていた手を離して、
自由にしてあげる感覚だそうです。

そして、自分が妊娠を本当に望んでいるのか
よくよく考えることも必要だと言われました。

「親が孫が欲しいって言ってる」
「旦那と家族になりたいから」
「お世話になってる旦那のご両親に孫を抱かせてあげたい」
「小さな頃から、女性に生まれてきてよかったと思ってた、
それは子どもを産む事が出来るから」

これはどうして妊娠したいの、と聞かれたときの
私のこたえです。
この答えの中には、「他人」と「赤ちゃん」は存在しているけど、
肝心の「自分」がいない、といわれました。
だから本当に貴方が妊娠を希望しているのかが
わからない、と。

小さい頃から「子どもを産みたい」と思っている人は
前世からの課題(前世で子どもが産みたいのにうめなかった?
など、子どもを産みたいという希望)をもってきている人が多いそうです。
でも私の場合はちょっと違うらしい。

「もしかしたら、子どもの頃に『女性に生まれて子どもが生めるって
すごい、だから産みたい』と思った、
その過去の思い込みに今はとらわれているだけなのかもしれない」

あとの回答は全部他人の希望だし、
ね、自分の意思が含まれていないでしょう、と
言われて、
確かにその通りだったので、
もう黙り込むしかありませんでした(笑)

でも今こうしてブログを書いていて思ったのですが、
私は常に経験をつんで成長することを希望する傾向があり。
出産、育児も自分が成長する糧になるから
望んでいるのではないかなあ…。


ということで、全部書くとおそろしく長くなるので、
ここらで
今回セラピストさんから提案された課題の総括を。

「もっと人生を楽しむこと。
毎日小さなことに素直な感動をみつけること、
それをあんまり感じていなくても
積極的に言葉に出していくこと。
物事を判断するときは『楽しい』『楽しくない』で判断し、
良い悪いで決めないこと。
それから、もっと『自分』をだしていくこと。
何かを決めるとき、
たとえばサプリメントを摂取するにしても、
体験談を読んで他人に効き目があったからと納得して続けるのでなく、
自分がどう思ったかを
自分に確認してみて、続けるか決めること。」
だそうです。

それから私の選んだボトルの結果を
ネットで解説をひっぱってみると
こんなふうになるみたいです→コチラ
(尚、このページと私がカラーセラピーを受けたお店は
無関係です。
そして、このページに書いてあることと
似たようなことを言われましたが
このページに書いてあっても言われてないこともありますし、
このページに書いてないことを言われたりもしました。
同じボトルでも解釈する人によって違いが生じたりもしますし、
たぶん私と会話した中で「この人はきっとこういう人なんだ、だったら
このボトルはきっとこういう意味をこの人に示しているのではないか」と
セラピストさんが判断するためと思います。)

この解説の中の、「未来」を示すボトルの解説に
「何をそんなに急いでいるのですか?あなたはどこに向かっているのですか。
何を手にしたいのですか。あなたの存在を無視して
どこかへ行くことはできないとボトルは言っています」
という文章を読んで涙がでてきそうになりました。
「自分」を認識せずに願望だけが一人歩きしている…
それが今の私だと、教えてくれているんだ、と思いました。

そしてあとから気がついてはっとしたのですが、
私がこのブログに貼っている「ネームカード」というWEB名刺がありまして。
好きな言葉をいれられるので「幸せは、いつも自分の中に」と書いたんです。
これは「幸せを感じるのは自分なんだから、幸せを感じる事が出来るか
できないかは自分次第」という意味でのせていたのですが、
よく考えたら今回のリーディングの結果の、
「まず自分ありき」にも通じるのでは…と思いました。

自分の内側をきちんとみつめて、自分の判断、主張、考えを大切に。
そうしていくなかで、自分にとっての本当の幸せが生まれてくる。
「幸せは、いつも自分の中に」あったんですね。

青い鳥の話のように、
そばにいる鳥は青ではないと思っていました。
本当に今まで気がつく事が出来ませんでした。

人生ってほんと、面白い。
ある日突然、こんなふうに
いつも見慣れていた文字や光景が
がらりとかわってみえることがあるんですね。
[PR]
by okumakoda | 2006-09-07 17:09 | 不育症