不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オーラ写真とブレスレッド

土曜日に、オーラ写真撮影とブレスレッドを作りに
表参道に行ってきました。
そのことを、その夜の飲み会でなにげなく話したら、
大学時代の後輩に「宗教ですか?」と軽くひかれてしまったオクです。
テレビ番組で「オーラの泉」とかやってるし、
結構メジャーな言葉だと思っていたのですが、
いやはや、そうでもないんですねえ。

さてさて、上記をふまえてオーラ写真とは
なんぞや、という話からしたいのですが、
実は私もよくわかりません!(笑)

ただ、その人の性格とか今の現状とか、
過去とか未来を表す「オーラ」という
体からでている光があるそうで、
それを撮影できる特殊カメラを使って撮ったのが
「オーラ写真」というものらしいです。
そしてそのオーラは、毎日かわるものなので
今回撮ったものが希望にそったものではなくても、
がっかりする必要はないらしいです。

で、私のオーラは
頭の上に黄色(知識、アイデア)と
水色(人に何かを伝えたいという欲求)が
ばわっと広がっている模様。
そして、体の両脇にオリーブ色のオーラがあり、
これは「困難に時間をかけて立ち向かい、のりこえていく人」という
意味があるらしいです。
そのほかに、肩から喉にかけて灰色のオーラ。
ここがいま、弱ってるようですねと言われました。
肝心の子宮については、
「パワーが過剰になっている状態。
愛しすぎて、ちょっとからまわりしている感じかも」
とのこと。
がぼーん…。
私の願望とてらしあわせて
今回の結果を解析すると、
「時間をかけてゆっくり色々考えながら焦らず困難にたちむかっていくこと。」
ということかしら。

ちなみにこのオーラ写真を撮影する前に
カラーセラピストという資格をもつ人に
自分の願い事を話し、
願いをかなえる力をもった石を選んでもらって
ブレスレッドを作ってもらう、というイベントに参加しました。

そこで言われたのが、

「過去の自分を受け入れて、認めて、愛すること」

今の状態で上(未来)ばかりをみあげてみても息切れするだけ、
下(過去)をみて、その過去があるからこそある今の自分を認め、
愛してあげて下さい、と言われました。

自分を甘やかすことは得意でも、
愛することって難しい…
しかも過去の自分を受け入れるって…どうすればいいのかしら。
確かに「ああすればよかった、こうすればよかった」っていう後悔はたくさんあるけど、
とくに過去の自分を嫌悪していることはないと思うのですが…
ただ、最近やたらと人がうらやましくて仕方ないのには困ってます。

どんな人をみても、いいなあ、うらやましいなあ、っておもっちゃんですよね。
それだけでなく、
流産を経験する前の自分のことを考えて、
「あの頃の自分はなんて幸せだったんだろう」って思って
泣きたくなってしまうんです。

それってやはり自分に自信がなく、現状に不満をもっているから
人を妬んじゃうんでしょうね。
そして過去の自分をうらやむのは、
今私が抱いている妊娠に対する焦りが原因なのではないか?と思います。

妊娠が人生のゴールではなく、
妊娠すれば幸せになれるわけではない。

赤ちゃんを授かって出産することは
私と旦那の願いだけど、
それだけが私たち夫婦二人の望みではないのです。

私は旦那とちゃんとした家族になりたい。
お互いがお互いに良い影響を与え合って、
成長して、
いつかこの長い人生が終わりをむかえたときに
「この人と一緒に歩いてきてよかった」
とお互いが思えるような関係を築いていきたいのです。

子どもがいなければそういう関係を築けないというわけではないですが、
子どもがいるほうが、「家族」になるのは容易いと
思っているのは事実です。
でもそれは安易な逃げ道…
旦那と「家族」になるためには、子どもの存在に逃げるのではなく、
旦那と真正面から向き合う必要があるのだということに
やっと気がつくことが出来ました。

だから妊娠したいと焦る必要はないのだ…と自分に言い聞かせても、
どうしても焦ってしまう。
でもこの気持ちがカラーセラピストの人のいう
「過去の自分を認め、愛すること」で解決するのだとしたら…。
過去を思うことはもはや変えられない時間を思うこと。
未来には「もしかしたら」という希望がありますが、
過去にはそれがありません。
辛い作業になるかもしれませんが、
少しずつでも、過去を思い出して自分を受け入れる努力をしてみようと思いました。

さてさて、なにやら話がすごく暗くなってしまいました。
すみません(^^;
ええと、そんな自分をサポートしてくれる石をカラーセラピストの方がチョイスしてくださり、
とっても可愛いブレスレッドを作ってもらいました♪
ラインナップは、
インカローズというとっても綺麗な「薔薇の石」、
ルチルクオーツという、水晶の中に銀がはいったもの、
ローズクオーツ、アクアマリン、水晶。
インカローズとルチルクオーツは高価な石なので
予算の都合上、1個ずつしかいれてもらえず(^^;
インカローズがすごく綺麗だったので
もっといれてほしかった~!残念。

ちなみに各石の効能は以下の通り。

金針水晶(ルチルクオーツ)・・・・・・金運、仕事運、事業運、恋愛運、魔よけ
水晶の中に針状の金が入っているこの石は、良質の物は希少価値も高く、世界各国においても非常に人気の高い最強のパワーストーンです。
強いエネルギーを感じるこの石は持つ人に、元気や活力を与え、どんな困難にも立ち向かう勇気と希望を与え、輝く人生を送りたい人の強い見方となってくれます。また針が沢山入ったタイプは金運財運の護符として最高です。仕事運、事業運を上げると言われる他に強い愛情で保護してくれるので、意外と知られていませんが愛情運、恋愛運などマルチな開運に対応しています。

インカローズ・・・・・・恋愛、愛情、出逢い、心の癒し
美しいピンクのこの石はパワーストーンの女王と呼ばれています。
石の名前の通りバラ色の人生を送りたい方へ。辛い過去の経験から心を癒し、自分自身を愛する方法を教えてくれます。悩みの渦中の方や、トラウマに縛られている方、新しい出逢いを求めている方に。この石を持つと、長く付き合った恋人にも、結婚して家庭に入ってからでも、常に可憐で魅力的な女性でいられるという伝説もあり、特に愛に関する事柄を良い方向へ導きます。持つ人の人間的魅力を引き出きだす事により魅力的になり、人を惹き寄せるといわれています。独身、既婚、年齢に関わらずすべての女性におすすめしたい素晴らしい石です。

アクアマリン・・・・・・恋愛、愛情、結婚、最強の若返りパワー
恋愛面や愛情面で絶大な効果を期待できる石。
自己表現を助け、過去の恋愛や心の傷、トラウマを癒し不安や怖れを取り除き安心感を与えます。片思いや遠距離恋愛をされている方に、幸せな結婚を望まれている方に特にお勧めしたい石です。美しい海を思わせる優しい水色は心を安らげ平和な気持ちにさせてくれます。ラテン語で「海水」という名前の通りストレスを流し、やる気を高めます。幸福と富、夫婦円満などの伝説も多く、水難除けのお守りとされ、海に関わる仕事をされている方には特に良いと言われています。
対応部位・・・・・のど

水晶・・・・・・・可能性の拡大、お守り、浄化、魔よけ、癒し

オールマイティな石として持つ人のエネルギー、生命力を増幅し強化します。
透明な輝きは心を深い部分から癒し、ネガティブなものから守ってくれます。
魔よけなど守りのパワーも強力ですが、「元気がなくなってきたなぁ・・・」と感じたときに身につけるとエネルギーを補給してくれる有難い石です。

ローズクオーツ・・・・・愛情、女性美、恋愛体質作り

愛と美の象徴の石。柔らかいエネルギーで持つ人の心の傷を癒します。更に女性ホルモンのバランスを調整し、みずみずしい美しさを保ちます。
他人や自分自身を受け入れられるような寛容な心になり、その結果、ソウルメイトを引き寄せると言われています。一度に沢山のローズクオーツを持つと異性を引き寄せ過ぎる事がありますがアメシストと一緒に持つとバランスを保てるようになります。
[PR]
by okumakoda | 2006-08-28 16:56 | 不育症