不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子宮卵管造影をしてきました。

TK大で不育症の検査をした際に、(*1年半ぐらい前)
子宮卵管造影をやっており、
今通っている不妊治療クリニックには
その結果を持参しているために
とくにやらなくてもいい検査…なのですが。
一応、念のために!念には念をいれて!と
子宮卵管造影を受けてみることにしました。

前回は、研修生の見学&説明もあったせいか
ものすごく長く、また痛く感じた検査でしたが、
(TK大付属病院は大学病院なので、
ときどきそういう「見学させてやってもいいですか」
と聞かれることがある。
私は「未来のS先生育成のために!」と思って
「ハイ!」と思わず答えてしまったが、
後になってあまりの激痛と長引く時間に
未来を考えたことを後悔した)
今回は痛み止めの座薬をいれていたこともあり、
全く痛くない…といえば嘘になりますが
まあ、なんとかやりすごせるくらいの違和感程度で
検査を終えることができました。

検査結果は卵管は正常。
ただ、TK大の写真をみたときも思いましたが、
子宮が右によっているので
「こんなふうに右によっていて大丈夫なんですか?」
と聞いてみました。
先生によると「それは問題ない」とのことでしたが、
「子宮の形が少し気になる。
もしかしたら妊娠しにくく、妊娠の継続が難しいかも」
と言われてショック!
なのに
「でもこれじゃあ、よくわからないから」
と話をうちきられて診察終了。
おいおい、待てコラ!
よくわからないなら、調べるのが筋ってもんじゃろがい!
人を不安におとしいれておいて、
「わからないから」で終わりにするなんて、
お前は本当に医者か!?
……と少し物騒なことを思いながら
こぶしをぐっと握り締めましたが(笑)、
TK大で撮影したときS先生が「子宮にも卵管にも、問題なし!」と
言ってくれていたし、
S先生を信じよう、
そうだ、それに来週はS先生の診察があるんだった、
そのとき聞いてみればいいや…と
こぶしの力を抜いて診察室を後にしました。

そして、
お医者さんの言葉っていうのは、
悪気なくなにげなく言っているつもりでも、
7割ましぐらいの勢いで
患者さんにダメージを与えることもあるんだから、
もっと考えて発言してほしいものだ…としみじみ思ったのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-08-20 15:29 | 不育症