不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

悲しいときのやりすごし方。

妊娠を待ち望んでいる私にとって、
生理がくるっていうのは、やはり何度経験しても
がっくりこな出来事です。

しかし泣いててもうじうじしていても
生理がきたものはきた!
事実はかえられないのです。

だったら、笑って過ごしたほうがよっぽど有益。

でも、そんな簡単に自分をコントロールできたら
今頃私は教祖さまです(笑)

というわけで、試行錯誤の結果
たどりついた一番良い方法がこちら。

1.無理矢理前向きに笑ってみて、
「よーし、次の妊娠時期に備えて
ばんばん血をだすわよ~!」
と叫び、楽しいことをいっぱい考える。

2.無理して笑っていると、
本当に楽しい気持ちになってくるが、
ふと気を抜いたときにどっと悲しみに支配されることがあるので、
のめりこめる、泣ける本や映画をむさぼり読むOR見る。

3.そして、「生理がきたから泣く」のではなく、
感動したり、主人公に共感したりして思いっきり泣く。
(ちなみに本や映画を選別するときは、
必ず最後がハッピーエンドのものを選ぶこと!)

4.この結果、ふと気が抜けたとしても
あまり悲しくならなくなる。


これは今まで試してきたなかで、一番効果がある方法だと思います。
[PR]
by okumakoda | 2006-08-11 19:15 | 不育症