不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

東海大のS先生の好感度が急上昇する。

一昨日は、結婚してメキシコにいってしまった友達が
子供をつれて里帰りしているというので
会いにいってきました。
そしてまた傷つく、性懲りもない私(笑)
赤ちゃんとお母さんが仲良ししている姿をみると
むしょうにうらやましくなってしまうのです。
そして赤ちゃんを抱っこした友達に
「オクさんは赤ちゃん考えてないの?」と言われたときが
ショック度ピーク。
(彼女は私が流産してることを(一回目だけだけど)
知っているから、その言葉は言わないと思ってたのに~!)
つい2週間前に同じ光景に遭遇したばかりなのに…
繰り返す私って…学習能力がない?(笑)
でも友達に会いたかったんだもーん!

しかし赤ちゃんをだっこさせてもらって
赤ちゃんの暖かさと重さに感動。
より「赤ちゃん」をイメージしやすくなりました。
Yちゃん、ありがとう!
これからはあの暖かさと重さを常にイメージして、
「私のお腹にもやってきて~!」と念(笑)を
送りたいと思います。

そして翌日は東海大の診察日。
S先生に会うのは5ヶ月ぶり。(と今更伏字にしてみる)
予約時間は10時、でもちょっと遅れて到着したので受付したのは10時10分。
全部終わったのが12時だから(採血もしたし)
やはり以前に比べて待ち時間が少なくなってます!

以前参加したオフ会でS先生の話を聞き、
私の中のS先生に対する好感度が上昇していたせいか
いつもよりも話が弾み。
しかも、S先生は実は私の好きなタイプの先生だということが
出会ってから1年半もたった今、発覚しました!(←遅すぎ…)

私が好きなタイプの先生とは。
副作用のことを考えて薬をむやみにださない、
無駄な出費を患者にさせない先生。

今回、前回の流産から1年半がたったので、
一応不妊検査だけでも受けてみたいと思う、
と伝えたところ

S先生「病院はどこを考えているの?」(←と、「いいんじゃない」で終わらず
一応病院名を聞いてくれるところもポイント)

オク「Kクリニックに行こうと思ってます」

S先生「ああ、あそこならいいんじゃない。
あそこの患者さん、結構うちにくるんだよね。」

と言って、「じゃあ検査結果をだそうか」と検査結果を全部だしてくれ、
紹介状出すとお金かかるから、結果だけでいいよね、と言いながら
「え?こんなのまでいいの?」というようなものまで
つけてくれました。

その後、
今服用しているバファリンを毎日飲んだりすると
妊娠しやすくなりますか?もしそうなら飲みたいんですけど…
と言うと、

S先生「どんな薬にも副作用があるんだよ。バファリンは少ないけど、
それでも不育症じゃない患者さんで、バファリンを毎日飲まなきゃならない患者さんが
胃痛を訴えることもあるんだから…できるだけ、飲まなくていい薬は
飲まないほうがいい。」

オク「あのー…確かに私今、胃の調子があまりよくなくて…」

S先生「じゃあ余計だめだよ。薬もバファリンじゃなくて、
胃にやさしいバイアスピリンに変えよう」

というわけで、今回から薬もバイアスピリンにかえてもらうことになりました。
S先生は大学病院の先生だから
利益とかは考えなくてよくて、
それで積極的に薬を出さなくていいのかもしれませんが、
近所の病院や耳鼻科に行くと
「こんなに薬出さなくても…」とこちらが困惑するくらい薬がだされて、
しかもたいていそんなに飲まなくても治るというのを
繰り返してきた私としては、
はじめて「飲まなくていい薬は飲まないほうがいい」という
医者として当たり前のことを言う先生に出会った!と思いました。

しかも渡してくださった検査結果も詳しく、これだけもらえれば
何点か不妊症の検査もはぶくことができるものも含まれていて
正直助かった!と思いました。

というわけで私のS先生への好感度は急上昇。
信頼度も格段にアップしたのでした。
[PR]
by okumakoda | 2006-05-26 15:46 | 不育症