不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鍼灸の先生に慰められるの巻。

昨日は鍼灸の日。
どうやらほりけん先生は患者さんのカルテに
前回自分が針を打ったところ、
患者さんが訴えた症状などを細かく記載している模様。
そのほかにもトイレにうがい用のイソジンが置いてあったり、
受付に「自由にお使い下さい」とマスクが置いてあったり…
帰るときは必ず先生か助手の方に深々とお辞儀をされるし…
患者さんに対してかなり気を使ってるのか、
それとも先生が神経質なタイプなのか。

それはさておき、
今回の触診で、
前回痛かった胃は症状が改善されているらしく痛くなかったものの、
やはり下腹を押されると痛くはないけど固いのがよくわかり。

勇気をだして先生に聞いてみる。

オク「あの…やっぱり私のお腹、固いですか?」
先生「かたいですよ。」

ああ~…そうよね、そうだと思ったよ。とほほ。
自分でもおされてかたいな、ってわかるもんね。

オク「この固いのってどれくらいでやわらかくなるものなんですかね。
あ、その人によってやっぱり違うでしょうから、
明確には言えないとは思いますが…」

先生「そうですね。おなかはだんだん柔らかくなるんじゃなくて、
急にやわらかくなることもありますから。」

先生の言葉は私の質問に対しての明確な答えじゃないけど、
ああ慰めてくれてるのかなあというのが伝わってきたので
あまりつっこまないことにする。

オク「どうすればお腹、やわらかくなりますかね。」

先生「有機酸素運動が大切だと思いますね。
内臓脂肪のせいでかたい場合もありますから…」

オク「ウォーキングとか?」

先生「そうですね。」

そうか、やっぱりウォーキングがいいのか。
このごろさぼってしまっていたから、
朝の2駅分歩き、再開しようかなあ。


などと先生と話ながら施術終了。
すると先生、最後にぼそりと

先生「お腹がかたいと妊娠しずらいと思いますが、
でも妊娠しないわけじゃないですから、大丈夫ですよ。」

と呟くように口にして、退場。

先生、また慰めてくれたよ…
でも漢方や鍼灸の先生に「よくなったきたよ」「だいじょうぶ」
と言われるとなんだかそんな気がしてくるのは
私が単純だから?(笑)

まあ、地道に頑張ろう。
テレビを見ながら足湯ができるように延長コードも購入したし、
今日から毎日足湯もやって冷え性改善するぞ~!
[PR]
by okumakoda | 2006-04-11 14:12 | 不育症