不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

私のカラダに豆乳はあいませんでした。

発掘!あ○ある大辞典Ⅱのダイエット特集を見て
豆乳ダイエットを試みた私。

しかし、飲み始めた翌日から
「……ん?なんだかおかしいぞ。」

もともとパニック障害を持つ私、
混んでいる電車は苦手なのですが
今まで平気だった中混み程度の電車で
「ぞくっ」と寒気…そう、パニック発作が
おきそうになったのです。

それだけではなく、ここ数日落ち着いていた
精神状態が少しずつ下降気味に。

これはもしかして、とネットで「豆乳」について調べたところ…

もともと食べ物は東洋医学的に考えますと、
「カラダを暖める」作用のある陽の食べ物、
「カラダを冷やす」作用のある陰の食べ物
「どちらにも作用しない」中庸の食べ物、
の大きく3種類に分類されます。

それは漢方を飲んでいる私も知っていたことで、
漢方の先生には「貴方は冷え性で陰性の体だから、
陰の食べ物は避けて陽の食べ物を摂取するように」と
言われていました。

んで、豆乳っていうのは……なんと陰性の強い食べ物だったんです!!
がびーん。

納豆とか黒豆はカラダを温めるので、
てっきり豆乳も大丈夫だと思い込んでました。
それに豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので
苛々を抑えるのにもいいし、精神的にも安定する、とネットには書かれていたのですが
よくよく調べてみると、それは「陽性」の人にとって効果があるということだったようで。

陰性の私が陰性の強い豆乳を摂取すると、
カラダをひやしまくってホルモンバランスを逆に乱し、
精神的にも不安定になってしまうところでした…。
ふう、あぶないあぶない。

でも全ての人に豆乳があわないわけではなく、
陽性(←赤ら顔で新陳代謝がよく、汗かきなタイプ)の方とか
もともと生理不順な方には効果覿面みたいなので
飲む前に自分のタイプを理解してから服用したほうがいいみたいです。

ああ、残念。
やっぱり楽してダイエットはだめなのね~!
水曜日の漢方診察日までに痩せるかわかりませんが、
せめてウォーキングにはげもうと思ってます。
[PR]
by okumakoda | 2005-12-18 12:51 | 不育症