不育症のおかげで色々気がつくこともある。悲しいことばかりじゃない、毎日を楽しく過ごしたい♪オクの雑記。*注子宝に恵まれるこの木村さん画像は「赤ちゃんを作ろう!」さんから頂きました。


by okumakoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

出身大学で講義を受けてきました。

大学時代、はいっていたサークルの顧問の教授から連絡があり、
今度大学で公開無料講義を行うから是非来てくれというので
大学時代の友人達と聴講にいってきました。

久々の講義でしたが、大変面白かった♪
のでちゃんと聞いていたつもりだったのですが、
友人曰く

「いいや、お前は確実に寝ていた」

……おかしいな…ちゃんと内容も覚えてるのに…
もしや睡眠学習?(笑)

そして講義終了後、教授と共に喫茶店で
珈琲を飲みながら私達が所属していたサークルの話を聞きました。

そのサークルは私達が大学2年生の時に
顧問をしてくださっていた某教授が多忙を理由に
顧問辞退を申し出ていらして、
当時の部長と共に今の顧問の教授のところに通いつめて
なんとか新に顧問を引き受けることを承諾して頂いた、という経緯があるのですが。

教授は私達が卒業後も、
サークルを存続させよう、なくしちゃいけないと思ってくださって、
幾度と無く奔走してくださっていたのですが。

その思いをつい最近、ある学生2人にぶちやぶられたそうなんです。

はらわたの煮えくり返るような彼らの行為に、
私達は言葉を失ってしまいました。

あまり詳しいことは書けませんが、
彼らの行動には先生に対する感謝の気持ちがひとかけらもなく、
ただただ自分達の感情を満足させるためだけに行動しているように感じられました。

そして私達は怒りと共に
そんな彼らをとても悲しく思いました。

先生と別れたあと、友人達と学生時代に戻った気持ちで飲み明かし、
帰宅して寝室にはいり。
仕事で忙しく旦那が帰宅できないため、
1人でベットに横になりながら、

でも私も今、一歩間違えば彼らのように
子供を得るために
「自分の感情を満足させるために」
行動してしまいかねないなと反省しました。

自分が子供を得ようとしていること、
それに関してのストレスでいっぱいいっぱいになって
自分の感情だけでいっぱいいっぱいになって
旦那への感謝、両親への感謝を忘れて
自分の感情を慰めるためだけに行動するようになってしまったら、
先生を苦しめた彼らと一緒になってしまう。

それだけは絶対にすまいと、
固く心にいいきかせて、その日は眠りについたのでした。
[PR]
by okumakoda | 2005-11-21 11:14 | 日常のこと